最新記事

映画

最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

An Intergalactic Mess

2021年11月16日(火)17時53分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

セルシには地球人の恋人がいるが、エターナルズ仲間のイカリス(リチャード・マッデン)にも未練がある(なにしろ不老不死だから、恋にも終わりがない)。ちなみにイカリスは、空中を舞いながら目からレーザービームを放つ超能力の持ち主だ。

エターナルズの仲間は大勢いる。ギルガメッシュ(ドン・リー〔マ・ドンソク〕)は怪力の持ち主だが心優しい男で、気まぐれなセナ(アンジェリーナ・ジョリー)を優しく見守る。そのセナは不老不死の運命に耐えかねて心を病み、ともすればエターナルズの仲間たちに対しても攻撃的になる。

スプライト(リア・マクヒュー)はエターナルズで唯一見た目が子供のヒーローだ。イカリスに恋心を寄せており、いつか人間の少女に生まれ変わりたいと願っている。

ドルイグ(バリー・コーガン)は反抗的なタイプ。超能力を使ってアマゾンの奥地に居住地をつくり、そこで彼を信奉する地球人たちと一緒に暮らしている。

そしてキンゴ(クメイル・ナンジアニ)は、おっちょこちょいのスーパーヒーロー。指先から放つビームで敵を倒せる超能力の持ち主だが、インド映画のスターとして暮らす日々に満足している。

監督の個性が見えない

脚本は、ジャオに加えてパトリック・バーリーとライアン・フィルポ、カズ・フィルポが担当した。広大な銀河系で延々と繰り広げられるさまざまなアクションの合間に、人間的なジョークをたくさんちりばめたのはいい。だが残念ながら、それらがうまくかみ合っていない。

無理もない。クロエ・ジャオは過去の3作で、いずれも田舎暮らしで平凡な、しかし周囲になじめない人たちの暮らしを描いてきた。急にスーパーヒーローを描けと言われても、正直、気が乗らなかったのかもしれない。

もどかしさを感じるのは、たぶん物語に筋肉系のトーンが欠けているからで、人類の存続を脅かすような敵の姿が見えないせいでもある。

例えば『アベンジャーズ/エンドゲーム』には、宇宙の生命の半分を破壊し尽くすという強烈な使命感に燃える悪の権化のサノスがいた。しかし本作に登場するのは、エターナルズをやっつけること以外に興味のないCGモンスターの群像ばかりだ。

それでも月並みなマーベル版スーパーヒーロー映画に比べると、『エターナルズ』は自然光をうまく採り入れているし、開けた風景もよく映し出している。だが、この監督らしさが出ているのはそこまで。結局のところ、最後は2億ドルの巨費をつぎ込んだマーベルの意思が勝つ。

まあ、それもいい。監督のジャオはその傑出した才能ゆえに、21世紀の映画界を席巻するジャンルの大作を手掛ける機会を与えられたのだ。そして堂々と失敗作を撮る権利を行使し、こんなものかと肩をすくめて苦笑いし、さっさと前へ進んでいく。

彼女は次作で、どのような世界を描くのだろう。筆者としては、そこに登場するヒーローたちが今回ほどスーパーでないことを願うのみだ。

©2021 The Slate Group

『エターナルズ』
監督・脚本╱クロエ・ジャオ
主演╱ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン
日本公開中

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米大統領の日韓歴訪中に核・ミサイル実験の可

ワールド

米大統領、コロナ濃厚接触者に該当せず 娘が陽性判定

ビジネス

米ターゲット27%急落、2─4月期利益が半減 コス

ビジネス

S&P500ESG指数からテスラを除外、人種差別や

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月