最新記事

カルチャー

この男がいなければ... 知られざる「聖火台」成功の立役者、武井祥平らがPenクリエイター・アワードを受賞

2021年11月27日(土)16時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
東京五輪の聖火台、武井祥平

Photos:Hiroshi Iwasaki(左); 齋藤誠一(右)

<このエンジニアがいなければ、東京五輪のあの聖火台は成功しなかった――。これまでほとんど光が当たることのなかった人物、武井祥平とはいったい何者なのか>

開催の是非を含め、さまざまな激論の中で行われた東京オリンピック・パラリンピックが終わって2カ月半がたつ。

オリンピックの開会式で、大坂なおみ選手が登場したことには、多くの人が驚いただろう。大トリとも言える場面。聖火のトーチを手に、大坂は「富士山」を表現したステージの階段を上り点灯を行ったが、あの「太陽」のような球体の聖火台を覚えているだろうか。

聖火台をデザインしたのは、日本を代表するデザインチーム、nendoだ。上下2段、計10枚の外装パネルが花びらのように開き、中心に火が灯るという「動き」がポイントだった。

しかし聖火台は、実はある人物なしには完成しなかったという。これまでほとんど光の当たることのなった、その陰の立役者は、聖火台の機構設計を担当したエンジニアの武井祥平。

聖火台のスムーズな動きを実現したのは、超高精度のアルミ材加工を担ったトヨタ自動車を中心とする企業の技術力と、武井によるエンジニアリングの技術だったのである。

pen-takei20211127-2.jpg

武井祥平●1984年、岐阜県生まれ。2012年東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程修了。同年、クリエイティブスタジオnomena設立。we+やsiroの松山真也らと組んだチーム、KAPPESとしてミラノサローネで作品を発表して頭角を現す。企業から作家まで幅広く協業している。https://nomena.co.jp Photo:齋藤誠一

そんな武井祥平が、このたび発表された「Penクリエイター・アワード2021」を受賞した。

合計で数百キログラムになるパネルの重量やモーターの性能など、さまざまな制約があるなか、武井は複雑で滑らかな聖火台の動きを実現。さらに天候に左右される屋外で、確実に火を灯した。

多くの検証と改善を重ね、聖火台をつくり上げた技術力が、アワード受賞の理由だという。

聖火台以外にも、nendoをはじめさまざまなデザイナー、アーティストの作品を実現させる機構を手がけてきた武井。

11月27日発売のPen誌2022年1月号「クリエイター・アワード」特集では、そんな彼のクリエイションの原点から聖火台の制作秘話までが語られている。

武井の言葉。

「回転軸を組み合わせて聖火台のそれぞれのパネルを動かすわけですが、内部に入れる機構が多ければ多いほど動きが複雑になります。しかし実際には、メカを入れられるスペースはとても限られている。球体が開き、それがまた閉じて球体となるためには、あらゆる要素の検証が必要でした」
(Pen誌2022年1月号より)

pen-takei20211127-3jpg.jpg

Photo:Hiroshi Iwasaki

pen-takei20211127-4.jpg

Photo:Hiroshi Iwasaki

「よりよい未来のために」をテーマに、外部から審査員を招き、厳選な選考を行ったという「Penクリエイター・アワード2021」では、武井のほかに、ファッションデザイナーの黒河真衣子、現代アートチームの目[mé]、クリエイティブ・ラボのanno lab、美学者の伊藤亜紗、福祉実験ユニットのヘラルボニー、デザイナーのwe+の計7組が受賞者となった。

これからの時代をつくる、そんな可能性に満ちあふれたクリエイターたちの名が連なっている。

(参考記事)エンジニアリングの力で、東京五輪の聖火台を成功に導いた【Penクリエイター・アワード 武井祥平】

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月