最新記事

映画

時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド」の最期が意味するもの

Passing the Torch

2021年10月29日(金)06時34分
サム・アダムズ

本作のエンディングを見て私が思い出したのは、過去のボンド映画のクライマックスシーンではなく、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の勇壮な戦いの場面だ。トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は命をなげうって宇宙を救う。

ダウニーの持つカリスマ性はシリーズ作品を支える大きな柱だから、トニーの死は単なるバトンの受け渡しとは訳が違う。キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)が、自分の力を必要としていない過去の地球で幸せに暮らすことを選ぶのと合わせ、一つの時代の終わりを示している。

「白人男性ヒーローの落日」と言ってもいいかもしれない。ハルクのようにかつて映画のタイトルを飾ったキャラも、シム・リウが主役を演じる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では脇役に回った。クリス・ヘムズワース演じるソーも、来年公開のシリーズ最新作でジェーン(ナタリー・ポートマン)に武器の鉄ついを継承させるらしい。

それでもジェームズ・ボンドは死なず

もちろん、白人男性ヒーローがみんな退場したわけではない。皆がよく知る過去のシリーズや作品、キャラクターが大きな力を持つエンターテインメントの世界では、引き算より足し算するほうがずっと容易だ。ドクター・ストレンジは次回作でスカーレット・ウィッチと戦うが、彼女にタイトルを奪われてはいない。とはいえ、マーベルが主人公の多様化を進めているのは間違いない。

本作では、主役であるボンドの存在理由が失われつつあるという印象が強かった。狙撃の名手よりハッカーが重宝されるこの世界では、優男の殺し屋など、いかれた悪役が恐ろしい計画を実現するのを止めるどころか、世界を戦争の瀬戸際に追い込むのが関の山なのだ。

クレイグの出演する過去のボンド映画がリアルだったとはとても言えない。それでも現実の世界は多かれ少なかれ作品の中に反映され、おかげでボンドの存在が浮いて見えるようになってしまった。

とはいえ、時代の文化を代表するキャラクターや作品は、カネになるが故に簡単には死なない。アマゾンは去りゆくボンドを見送るために85億ドルを投じて映画会社のMGMを買収したわけではない。今後もボンド映画は作り続けられるだろう。スピンオフやテレビ番組も含め、もっと広いボンドワールドが展開していく可能性もある。

時代の変化は受け入れても、ボンドのキャラクターの根っこは変わらないだろう。そんなことは不可能だから。クレイグのボンドは死んだけれど、ジェームズ・ボンドは不死身なのだ。

©2021 The Slate Group

NO TIME TO DIE
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
監督╱キャリー・ジョージ・フクナガ
主演╱ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ
日本公開中

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 3

    「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    アメリカ軍より優れる──ウクライナ内製ソフトで砲撃2…

  • 6

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 9

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 10

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

  • 3

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 4

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃…

  • 7

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で…

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月