最新記事

言語学

「あなた」はもはや日本語ではない

2020年5月8日(金)12時45分
平野卿子(ドイツ語翻訳家)

DNY59-iStock.

<本来、日本語では「あなた」と呼びかけていいのは、対等か目下の相手に限る。部下は部長に対して「あなたはどうされますか?」ではなく、「部長はどうされますか?」と言うのが普通だ。だが最近は、外国語の影響で大きく変化している>


「親愛なる、エテリ・トゥトベリーゼ。誕生日おめでとう。私にとってあなたはベストのコーチであり、世界におけるメンターでもあります。あなたは美しさ、女性らしさを備え、(......)私の成長を促進してくれます」(ヤフーニュース 2019年2月25日)

ロシアのフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワの発言を読んで(むろん翻訳だが)、ああ、やっぱりと思った。こういう「あなた」は翻訳記事に多いのだが、それだけではない。

近頃よく送られてくるダイレクトメールにも「あなたへのおすすめ」「あなたが最初です!」なる表現をしばしば目にする。なぜ見ず知らずの相手に「あなた」と言われなければならないのかと、少しむっとする。というのも本来、「あなた」は対等、もしくは目下の相手に使う言葉だからだ。

そもそも、日本人は「あなた」「彼ら」など、欧米語でいうところの「人称代名詞」を使わない傾向がある(わたしは日本語には人称代名詞はないと考えているが、ここでは触れない)。なかでも、「あなた」を違和感なく自然に使える場面は日本ではとても少ない。

だから、多くの日本人は、相手の名前(「○○さん」)や役職(「××部長」)、職名(「植木屋さん」)などで呼ぶのである。

しかし、言葉は時代と共に変化していくことは言うまでもない。いや、誤用をきっかけに活性化され、豊かになっていくこともある。とはいえ、それが相手に不快感を与える場合はまずいと最近まで思っていた。

ドラマで「わたくしはあなたの執事」、テレビ局にメールした

ところが、公園で飼い犬にしきりに「あなた」と呼びかけている人を見て、ストンと胸のつかえが下りた。最近よく使われるようになった「あなた」は、実は「You」なのだということに思い至ったのである。

そういえば、こんなこともあった。「お仕えする奥様」のために執事が大活躍するドラマを見ていたとき、彼が「わたくしはあなたの執事ですから」と言ったのを聞いた私は、「お仕えする人に向かって『あなた』と言うのはいかがなものか」という旨のメールをしたのだ(テレビ局にメールしたのは生まれて初めてだ)。

その後、「あなた」は「あなたさま」に変わっていた。このドラマのように主人と奉公人という関係では、言葉は時代と共に変わるというわけにはいかない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、オミクロン株やインフレ巡る懸念

ワールド

新型コロナ影響克服でインフレ圧力軽減へ=米大統領

ワールド

仏、追加接種加速や入国規制強化を実施 新変異株に対

ワールド

イラン、濃縮ウランの製造開始 核合意再建協議の妨げ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月