コラム

米バイデン政権「コロナからの回復」のための法案に反対し続ける与党議員(パックン)

2022年01月12日(水)11時46分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ジョー・バイデン大統領(風刺画)

©2022 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<「より良い形でアメリカを再建」することを目指すバイデン大統領だが、そうはさせまいと与党・民主党のマンチン議員が立ちはだかる>

アメリカ人は新年を迎えるとき、New Year’s resolution(新年の決意)を決める伝統がある。5キロ減量する! 無駄遣いをやめる! 家族ともっと時間を過ごす! などが一般的だが、1年たっても達成できず、Keep last year’s resolutions! 去年の決意を守る! という場合も多い。

バイデン大統領が就任した昨年、アメリカは危篤状態に陥っていた。コロナ禍が経済や公衆衛生に甚大な被害をもたらしていた。共和党が各州で民主党支持者に投票させない「投票抑制策」に励んでいたし、各州での票の「再集計」によって大統領選の結果を覆そうとしてもいた。

しかも、そういった急性の病だけではない。長年そっちのけにされてきたインフラ、教育、移民、税制などの問題も限界に迫りつつあった。基礎疾患を複数患っている人がバスにひかれて、搬送先の病院が爆発したかのような不運の連発で、まさに瀕死状態だった。

そこでバイデンは決意した! defeat pandemic(パンデミックを克服する)! defend voting rights(投票権を守る)! save democracy(民主主義を救う)! build back better(アメリカをより良い形で再建する)! こうした目標を掲げて救命治療に取り掛かった。

しかし、そんな与党の思うとおりにいかせまいと立ちはだかったのは......同じく与党のジョー・マンチン上院議員。上院の100議席中、50議席しか握っておらず、完全に団結しないと何もできない民主党の中で、繰り返し反対票を投じ続けている。医療チームの1人が患者のチューブを抜き続けている感じだ。

「給付金社会」になるのを防ぐため?

特に目立ったのは昨年12月、1兆7500億ドル規模の気候変動・社会保障に関連したBuild Back Better法案へ反対を表明したことだろう。高齢者向けの公的医療保険制度(メディケア)の拡充への支持率は80%、幼児教育無償化への支持率は69%で、この法案の内容自体は国民に大人気だ。

だが、マンチンは「給付金社会」になってはいけないという理由で立法を阻止した。皮肉にも、マンチンの地元ウェストバージニア州は貧困層や高齢者が多く、住民の収入の3分の1ほどが政府の支給に頼っている全米1位の給付金社会だ。地元への治療も拒否っているということだ。

党をまとめられない。法案を通せない。野党が有利とされる中間選挙まで11カ月しか残っていない。そんなバイデンは去年の決意を守りようがなさそう。では、今年の決意は? Slap Joe Manchin!(ジョー・マンチンをひっぱたく!)

それで何かが治るわけでもないけど、きっと気持ちがいいんだろうね。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

日米首脳、拡大抑止の有効性を確認 日本は防衛費の増

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ビジネス

ECB、第3四半期末までにマイナス金利解消の見込み

ワールド

ウクライナが「建設的」立場示せば交渉再開=ロシア外

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中