コラム

反マスク派「モンペ」たちが教育委員会で大暴れ、バイデン政権が対応強化

2021年10月27日(水)14時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
反マスク派モンスターペアレント

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<反マスク、反ワクチン、さらには人種差別を「学ばない」自由を訴えて暴れる親たちがアメリカ各地の学校で大きな社会問題に>

ピッチフォークという熊手のような農具と松明を手にする姿は、村人が怒り狂って「罪人」をとがめるときの定番。風刺画で憤慨しているのは母親で、向かう先はschool board meeting(教育委員会の会議)!

訴えはTシャツに書いてあるNo Vax(ワクチン反対)、No Mask(マスク反対)、No CRT(=Critical Race Theory、批判的人種理論に反対)だ。松明は自由の女神のトーチにも聖火にも見えるが、この人は会議を炎上させる放火ランナー(?)になりそう。

風刺画ならではの大げさな描写だが、現実も十分怖い。アメリカの教育委員会の会議は議論の場であり、保護者の参加が大前提だ。しかし、マスク着用やワクチン接種をしない「自由」と自国における人種差別の歴史や現状を学ばない「自由」に固執する保守系の人々には、「参加」の度が過ぎる人もいる。

委員を怒鳴りつけたり、声を合わせてスローガンを叫んだりして会議の進行を阻止するのはたまに見る光景だ。しかし最近、米各地で起きている抗議では物を投げたり、旗ざおで殴り掛かったり、殺すと脅迫したり、委員の個人情報をネットに公開したりして一線を越えている保護者も多い。

負傷者も出ているし、暴行・脅迫罪や学校に銃を持ち込んだ罪で逮捕された人もいる。この状況を風刺画は学校でのいじめだとしている。いじめっ子がお母さん、いじめられっ子が教育委員会という意外な構図が笑える。

だが、当事者は笑えない。全米教育委員会連合は、過激な抗議がテロやヘイトクライム(憎悪犯罪)と同じように悪質であるとして、バイデン政権に捜査を求める書簡を送った。これを受け、司法長官はFBIなどが対応を強化すると発表した。

だが、連邦政府が動くと保守派の保護者はさらに過熱して、もっと恐ろしい展開が起こり得る。今でも現状に耐えられず辞任する委員が増えており、その穴を埋めるのは反マスク、反ワクチン、反CRTのピッチフォークを持っている人々だろう。現に、共和党員たちがこれらの議題をめぐってリコール選挙を要求したり、委員候補の育成を進めたりしているという。

いずれは、方針に反発する側が方針を決める側に回り、コロナ対策や人種差別関連のカリキュラムを廃止する日が来てもおかしくない。議論ではなく暴動で権力を握るわけだ。ぶっちゃけ、そんな委員会でいいんかい?

ポイント

I HAVE A BULLY PROBLEM AT SCHOOL!
学校でいじめられているんだ

DID YOU TELL YOUR MOM?
お母さんには言ったの?

IT IS MY MOM
お母さんが問題そのものなんだよ

CRITICAL RACE THEORY
社会の仕組みや制度に人種差別が組み込まれているという理論

 20220201issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年2月1日号(1月25日発売)は「あぶない超加工食品」特集。WARNING: 脳の快感回路にダイレクトに響く不自然な食品は、フード業界の福音だが、消費者には病気の源?


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均700円超える下落、昨年来安値を連日更新 

ワールド

ロシアがウクライナ侵攻ならノルドストリーム2停止=

ビジネス

米利上げ、年内4回超織り込みへ FRBタカ派姿勢で

ワールド

米、112カ国に4億回分のコロナワクチン提供完了=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中