コラム

今も大統領選の不正を叫ぶトランプ信者の「陰謀論」拡散は終わらない(パックン)

2021年10月12日(火)20時37分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプ支持者

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<昨年の大統領選で不正があったと訴え、各地で再集計を続けるトランプ支持者たち。「中国製の偽用紙」を探すと息巻くが......>

トランプ前米大統領の支持者らは、昨年の大統領選での不正を訴え50以上の裁判を起こしては敗訴し、選挙(election)結果の承認を阻止しようと連邦議会議事堂に乱入して失敗した。そしてアリゾナ州で6カ月弱にわたり600万ドル近くかけて非公式に票の再集計を行った。確かに結果は公式の集計と微妙に異なったが、むしろバイデン大統領の得票が増え、トランプ支持者側から見たら大失敗に終わった!

しかし、三振してアウトのはずなのに......GOP(共和党)はバッターボックスから出てくれない。むしろ、バットを振り回し続けているのだ。

次はウィスコンシン州やペンシルベニア州、テキサス州でもこの「監査」を始めるようだ。格好悪い上、無謀だが、前者2つで結果を覆したい気持ちは分からなくはない。バイデンが勝ち取った州だから。だが、テキサス州はトランプが勝った州。たまたま出たヒットを選手がわざわざ「ファウルかも!」と、非公式にビデオ判定を求めるような不可解さだ。

最初から選挙結果を覆すためではなく、選挙自体の信頼性を損ねるのがGOPの真の目的と推測される。陰謀説の「証拠」捜しのためか、アリゾナの「監査」では投票用紙の重さを量ったり、手触りを確認したり、赤外線で照らしたり、用紙に竹の繊維が入っているかどうかを調べたりした。最後のは、不正投票に使われた「中国からの偽用紙」を探すためだという。実にばかばかしい! 中国の紙に竹の繊維が入っているなんて! ササの繊維とかパンダの毛とかだったら分かるけど......。

これらのaudit(監査)は正当な選挙を疑わせるためだけのfraud(詐欺)だ。それを指す造語がfraudit。また、worm(虫)に「退く」を意味する接頭辞deが付いているdewormerは「虫下し」になるが、ここでは馬などの家畜の寄生虫駆除に使われるイベルメクチンを指している。新型コロナウイルスに効く証拠が乏しいとして、米食品医薬品局(FDA)とWHOが治療に使用すべきではないと警告しているにもかかわらず、共和党の上院議員も含め陰謀論者はイベルメクチンを猛プッシュしている。

専門家の見解を無視し、無根拠の陰謀説を広め続けるのは、選挙においても公衆衛生においても危険な反則行為だ。いつになったら「出場停止」になるんだろう。

ポイント

THIS STUFF ISN'T WORKING HERE IN ARIZONA...
どうもアリゾナでは効かないみたいだ...

I'LL TRY DRINKING IT IN TEXAS AND PENNSYLVANIA!
テキサスとペンシルベニアで飲んでみよう!

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中