コラム

実害を及ぼすアメリカの陰謀論はもう笑えない!(パックン)

2021年02月20日(土)15時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

No Longer Funny / (c)2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<陰謀論は面白いが、陰謀論者が連邦議員に当選したらもうちっとも面白くない>

陰謀論はキラーコンテンツだ。証拠も根拠もない荒唐無稽な主張はよくメディアに取り上げられる。面白いから。しかし、陰謀論に基づいた事件が起きると面白みが一瞬で消える。

「ヒラリー・クリントン率いる闇組織がピザ屋を拠点に児童の売買春をしているって?! ハハハ! ウケる~!」となるのが本来の展開。でも、陰謀論を信奉する運動QAnon(Qアノン)の前兆であるこの「ピザゲート」という陰謀論を信じた男が実際にピザ屋を銃撃したとき、笑えなくなった。

「ユダヤ人がわれわれ白人に取って代わろうと移民を招き入れている」という陰謀論もばかばかしくて笑えそう。だが、「ユダヤ人は取って代わるな!」と唱えながら行進した白人至上主義者が彼らに抗議する人をひき殺した日に、笑いが消えた。

「大統領選に不正があった」という主張も、複数の裁判で「笑い飛ばされた」が、そう信じたトランプ支持者が連邦議会議事堂に乱入し、警察官を殺害して、喜劇が悲劇に変わった。

「被害者が出るまでは面白い」という陰謀論ばかりではない。20人の小学生が射殺されたコネティカット州の銃乱射事件や、17人が亡くなったフロリダ州の高校での乱射事件を「自作自演の作り話だ」と主張する陰謀論は最初から面白さゼロ。

最近は陰謀論に対する意識が変わってきた。面白がるのではなく、実害を伴うものとして怖がる、嫌がる、そして取り締まる傾向が見えてきた。

風刺画では陰謀論者への罰はWoven from the silken hair of conspiracy theorists(陰謀論者の輝く髪で編まれた)拘束衣(straightjacket)として描かれている。実際には不正選挙説を広めるこの枕メーカーのマイク・リンデルCEOは、デパートを含む取引先から看板商品のマイピローの販売契約を切られた。陰謀論ほど安眠できないピロートークはないからね。

そして選挙不正だけではなく、ここで紹介した陰謀論を全部広めているマージョリー・テイラー・グリーン(Marjorie Taylor Greene)も下院の委員会から除名された。そう! 陰謀論者が連邦議員に当選したのだ! もうちっとも面白くない。

【ポイント】
HI, I'M MIKE LINDELL, INVENTOR OF MYPILLOW. INVITING YOU TO TRY MY LATEST PRODUCT: MYSTRAIGHTJACKET

やあ、私は「マイピロー」の発明者、マイク・リンデル。今日は最新商品の「マイストレートジャケット」をご紹介しよう。

MORE COMFORTABLE THAN A QANON T-SHIRT
QアノンのTシャツより良い着心地

MYSTRAIGHTJACKET IS 100% MADE IN WHAT USED TO BE AMERICA! GET YOURS TODAY!

マイストレートジャケットの原料は100%「かつてアメリカだったもの」! 本日ご注文をどうぞ!

I WOULDN'T STORM THE CAPITOL WITHOUT ONE!
議事堂の襲撃にぴったりな一着!

<本誌2021年2月23日号掲載>

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米が海外提供の8000万回分ワクチン、全配分先を数

ビジネス

日銀が新制度、気候変動対応の投融資を支援 コロナ対

ワールド

五輪の感染リスクで尾身氏らが提言、「無観客が最も望

ビジネス

訂正-米主要金融市場、18日は通常取引の予定=祝日

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中