コラム

議会襲撃でわかった、アメリカはもはや「こんな国」(パックン)

2021年02月06日(土)14時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

A Belated Awakening / (c)2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプの嘘や陰謀論を信じ込み、現実にあらがい暴力に走る――こんな醜い光景にも人々はもう驚かない>

This is not who we are! (こんなのわれわれの国じゃない!)。アメリカでは国民の自己認識にそぐわない事態に対して、よくこんな声が聞かれる。

Birtherism=「バラク・オバマはケニア出身!」という荒唐無稽な陰謀説をトランプ前大統領が広めたときにも聞こえた。

バージニア州のCharlottesville(シャーロッツビル)で白人至上主義者のデモに抗議する群衆に車が突っ込んで女性がひき殺され、トランプが白人至上主義者をかばったときも聞こえた。

不法移民として保護者から引き離され収容されているChildren in Cages(檻に入った子供たち)が何千人もいると報じられたときもその声は聞こえた。裁判所の中止命令にかかわらず当局が引き離しをやめず、昨年11月時点で700人近くの子供が親元に戻っていないと分かったときもだ。確かに、わが国が連続児童監禁事件の犯人だなんて思いたくない!

テキサス州エルパソ市の小売り大手ウォルマートの店舗で、陰謀説を信じ込んだとみられる白人男性がメキシコ人を標的に自動小銃で23人を射殺したEl Paso Massacre(エルパソの大虐殺)のときにも、その声は聞こえた。

ミネソタ州ミネアポリスの警察官が丸腰の黒人George Floyd(ジョージ・フロイド)を地面に倒し、首の上を膝で押さえ付けたときもそうだった。フロイドが「息ができない」と20回以上訴えた後「子供に愛していると伝えて」と言って息絶えても約8分もの間、首を押さえ続けた映像が出回ると、「こんなのわれわれの国じゃない!」の大合唱が起きた。

そして、トランプ支持者が首都ワシントンの警察官1人を撲殺したほか60人を負傷させた上、「副大統領に死を」と叫びながら連邦議会議事堂を占領したときにも、反発の声は多く聞こえた。

でも風刺画にあるとおり、もうこんな醜い光景にも驚かない人も多い。一連の事件を見て分かるはず。トランプの嘘や陰謀説を信じ込む人の国である。現実にあらがい暴力に走る人の国である。当局も権力者も不法に力を振るう国でもある。ここまでくれば、Who am I kidding?!(もうばかなことは言ってられない?!)──われわれはこんな国だと、諦めたくなる。

【ポイント】
BIRTHERISM
オバマ元大統領の出生(birth)に関する陰謀論の総称。一部の保守派が根強く主張しているが、具体的な根拠はない。

INSURRECTION
暴動、反乱のこと。昨今のニュースでは今年1月の連邦議会議事堂への襲撃事件を指す事が多い。

<本誌2021年2月9日号掲載>

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億7

ビジネス

日銀、コロナ対応プログラム延長 気候変動対応投融資

ワールド

北朝鮮、対米関係で対話と対立双方に備えを─金総書記

ビジネス

焦点:FRBのタカ派シフトでドル急伸、売り持ち解消

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中