Picture Power

【写真特集】ここまでやる!「ごみゼロ」イタリア小都市の挑戦

ZERO WASTE CITY

Photographs by Alberto Bernasconi

2021年11月03日(水)10時45分

「ごみゼロの街」を目指すカパンノリで、ごみの再利用を行う団体ダカーポ(イタリア語で「再び」の意)。ダニエレ・ギドッティは家具を担当する

<ごみ袋にはマイクロチップ。リサイクルのプラットフォーム。1人の小学校教員がトスカーナ地方のカパンノリを動かした>

地球上でごみを出すのは人間だけだ――。

イタリア・トスカーナ地方の小都市カパンノリでは、小学校教員のロッサーノ・エルコリーニが環境活動家としてあるプロジェクトを進めている。「ごみゼロ」の街づくりだ。

きっかけは、ごみ焼却施設がもたらす悪影響への思いだった。地元住民にその危険さを語りながら撤廃を訴え続けると、共感した市民の力で新規建設を禁止に追い込んだ。

エルコリーニの活動はごみ有料化も実現させた。ごみ袋に貼られたマイクロチップから収集車が重さや種別を読み取り、それに基づいて料金を請求する。

参加世帯はリサイクルできない廃棄物を年間3キロ以内に抑えることを目指す。

もう1つの柱がリサイクルだ。そのために設けられたプラットフォームが「ダカーポ」(イタリア語で「再び」)。

家具や寝具、服や家電など、あらゆる日用品を再利用するための修理や販売を手掛けている。

エルコリーニの目標は、イタリアやヨーロッパでより多くの街がこうした取り組みに参加すること。そしてカパンノリが、ごみゼロで世界をリードすることだ。

(本誌11月9日号「世界を救う欧州SDGs」特集では、老舗アパレルのサプライチェーン改革や新鋭IT企業の食品ロス解消アプリ、自治体の都市計画に至るまで、持続可能性にしのぎを削るヨーロッパの知恵と戦略をリポートする)


211109P62_PP_02.jpg

リサイクル収集車から肘掛け椅子を降ろすダカーポのスタッフ。車体には「この車はダサいがダカーポはいけてる」のメッセージが


211109P62_PP_03.jpg

ダカーポの倉庫には、家庭から出たあらゆる種類の廃棄物が集められる。なかには修理されて高値で販売されるものも


211109P62_PP_04.jpg

市民が捨てた家電製品には修理すれば使えるものも。ミケーレ・グラヌッチは安全性の確認作業を行う

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、安全保障巡りロシアに文書で回答 国務長官「真剣

ビジネス

FRB、3月利上げの可能性示唆 インフレ対応へ転換

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中