Picture Power

【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会

ONE DAY IN HISTORY

Photographs by ANDREA GJESTVANG

2021年07月31日(土)16時30分

pputoya06.jpg

【イナ・リバク (当時21歳〈下〉/ 現在31歳〈上〉)】
自宅近くの森で、倒木に横たわるイナ(下)。銃撃の間はカフェのピアノの後ろに隠れていたが、手やあご、胸の5カ所を撃たれた。「撃たれた! 撃たれた! 死んじゃう!」と叫んで飛び出していくと、7人の仲間が森の中に運んで手当てをしてくれた。彼らはイナの傷の上に石を置いて止血し、体温が下がらないようそばにいてくれた。そうして助けが来るまで1時間半ほど隠れていた。

現在はソーシャルワーカーとして働く一方、地元の市議会や州議会を通じて政治活動を行っている。18~20年には労働党・青年部(AUF)のリーダーを務めた。今年、パートナーとの間に第1子が生まれる予定だ。

「AUFのリーダーとして、私の役割は人々に希望を与えることだった。そのためには自分自身が心地よく過ごし、自分たちが経験した全てのことと折り合いをつける必要があった。人生には素敵なことがたくさんある。でも時々、7月22日の事件が私に真面目さと人間的な深みを与えてくれたと感じることがある。私は以前より明るくもなったし、暗くもなったと思う」

過去の自分にはこうアドバイスする。「自分に優しくして。あなたが経験したのはとても重大で、つらいことだから。幸い、あなたの世界はどんどん広がっていく。今は目の前にあると感じられることも、いずれ大きな人生の中の小さな一部になるだろう。未来にはいいことが待っている」

pputoya07.jpg


pputoya08.jpg

【セシリエ・ヘルロフセン (当時17歳〈下〉/ 現在26歳〈上〉)】
殺戮の間、セシリエはウトヤ島の南端に、親友のアンドレーネと一緒に隠れていた。肩とあごを撃たれたが、銃弾は親知らずのところで止まり、おかげで命が助かったのかもしれない。親友は亡くなり、セシリエは右腕を切断した。銃撃で受けた傷のせいで、セシリエは働くことができない。現在はミコという名の犬と暮らし、合唱団で歌っている。

「『ウトヤ刑務所』と私が呼んでいるところから出られるよう努力している。でも傷のせいで、完全には自由になれないだろう。私は強いが、それでも日々を生きていくのは大変だ。調子がいいときには、以前よりも生きる喜びを感じられる。より自信がついて、より内省的になった」

過去の自分にはこうアドバイスする。「負の側面には目を向けないで。始めたことは続けて。孤立しないで、近しい人々には自分の気持ちを打ち明けて。あなたは彼らの重荷ではないのだから」

pputoya09.jpg


pputoya10.jpg

【アレクサンデール・サンドベリ (当時16歳〈上〉/ 現在25歳〈下〉)】
銃撃が続いている間、アレクサンデールは講堂(下写真)にあるソファの下に隠れていた。犯人のブレイビクが捕まり警察が彼らを発見するまで、講堂には47人の若者が身を潜めていた。

現在はカスタマーサービスで働き、婚約者と一緒に暮らしている。「私が何より望むのは、普通の生活。結婚して子供をつくり、家や車を持ち、犬を飼う。野心的なものでなくていいから、楽しめる仕事がしたい。あの事件は、当たり前と思っていた全てのことがそうではないと思えた瞬間だった」

過去の自分にはこうアドバイスする。「いま考えているより、もっと多くのことをあなたは達成するだろう。絶望を感じているだろうが、これで終わりではない。これからはあなたの人生に、個人的な成功が続いていく。試験に受かり、運転免許を取り、アパートの部屋を買い、長い付き合いの恋人がいる。そんなことは起こらないと今は思うかもしれないが」

pputoya11.jpg

pputoya12.jpg

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、早期利上げ示唆 経済成長堅固で量的緩和

ビジネス

米耐久財コア受注、9月は0.8%増 予想上回る

ビジネス

米財貿易赤字、9月は9.2%増 在庫はまちまち

ビジネス

ボーイング、第3四半期は赤字 787型機や宇宙船巡

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中