コラム

南ア変異株「オミクロン」欧州でも続々発見 「2回接種でも感染か」と英首相

2021年11月28日(日)13時32分

ドイツのバイエルン州保健省はオミクロン株の感染例2人を確認。2人は24日にミュンヘン空港から入国した。イタリア国立衛生研究所はミラノで、モザンビークからの渡航者からオミクロン株を検出したと発表した。チェコ保健当局も、ナミビアに滞在していた人の中に感染の疑いがある人がいるため調査を行っている。

オランダ保健当局は、26日に南アフリカのヨハネスブルグとケープタウンからの2つの便でアムステルダムのスキポール空港に到着した乗客約600人のうち61人から陽性反応が出て、オミクロン株の感染者が含まれている可能性があるという。このほか、すでにボツワナ、ベルギー、香港でも感染例が確認されている。

「私たちの家はデルタ株ですでに燃えている」

英インペリアル・カレッジ・ロンドンのピーター・オープンショー教授(実験医学)は「情報が非常に速いのは驚異的だ。渡航制限は感染速度を遅らせ、重症化や免疫回避、治療、予防に関する重要な事実を確立するため時間を稼げる。南アでは感染者数が3日で3倍の2828人になった。感染率がデルタ株の2倍ということも考えられる」と解説する。

「スキポール空港に600人が到着し、そのうち60人に陽性反応が出たという報告は注目に値する。感染率が10%であることを示唆している。入院患者がいないという報道もあり、確認されれば非常に心強い。オミクロン株の出現がなくても、デルタ株で欧州の多くの地域は危機的な状況にあり、私たちはすでに燃えている家にいることを忘れるべきではない」

オープンショー教授が指摘するように、イギリスでは1日当たりの新規感染者数は4万人近く、新規入院患者は768人、死者も131人にのぼっている。欧州連合(EU)にアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインを加えた欧州経済領域(EEA)30カ国の1日当たりの新規感染者数は約24万6千人、死者は1637人を数えている。

英ウォーリック大学医学部のローレンス・ヤング教授(ウイルス学、分子腫瘍学)は「南アへの渡航に関連した2件の感染例がイギリスで確認されたことは検査・追跡システムが機能していることを示している。現在、デルタ株の感染者は毎日非常に多く、南アフリカでのオミクロン株の感染者数よりはるかに多い」と語る。

「既存のワクチンがオミクロン株感染による重症化を防ぐ可能性は、これまでに確認された変異株と同様、高いと思われる。ブースターを含むワクチンの接種率を上げる、マスク着用をより広く奨励する、風通しの悪い場所での大規模な集まりを制限することは医療に負担をかけずに国民を守り、昨年より楽しいクリスマスを迎えるための重要なアプローチだ」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種

ワールド

NZ、今年度の財政赤字は予想より小幅に 黒字化は後

ワールド

中国上海、企業の通常業務再開拡大へ ゼロコロナ地域

ビジネス

独VWのヨーロッパカー買収、EUが無条件で承認へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中