コラム

【2+2】米中対立から距離を置く韓国、のめり込む日本

2021年03月22日(月)06時01分

米韓2プラス2の共同声明は中国批判をしなかった(写真は3月18日、韓国大統領府に米国務・国防両長官を迎えた文在寅大統領) Kim Hong-Ji-REUTERS

<中国にもアメリカにも依存しない民族自立を理想とする韓国は、国際情勢の潮流の変化を利用して、「何もしない外交」を行使し始めた>

依然として続く深刻な新型コロナ禍の中、バイデン政権の外交政策がようやく始動しつつある。そしてその最初のターゲットとなったのが、日韓両国。バイデンは自身の初の外遊先をこの日韓両国に決め、その準備をも兼ね今月にはブリンケン国務長官とオースティン国防長官を訪問させた。訪問先の両国では、「2+2」と通称される外交・防衛を担当する大臣の合同会合が行われ、ドイツと並ぶ在外米軍の駐屯先である両国政府との意見交換を行った。

周知の様に、この二つの「2+2」において顕著だったのは、アメリカ側の強い中国への非難のトーンだった。とはいえその結果として出された共同声明は、東京とソウルでは大きく異なった。即ち、東京で出された日米両国政府の共同声明では、アメリカの主張をそのまま反映する形で、中国への強い非難の言葉と北朝鮮の「完全な非核化」の必要が盛り込まれた。尖閣問題において中国と緊張関係が高まる中、日本政府に近いある人物は、「100点満点の会合だった」とこの「2+2」を振り返った。

中国を非難しなかった韓国

しかしながら、ソウルで出された米韓両国間の共同声明では、東京における声明の主たる要素であったこの二つは共に入らなかった。共同記者会見の場でブリンケンが明確に述べた様に、会談においてアメリカ側が中国・北朝鮮両国の人権問題と北朝鮮の「完全な非核化」について触れた事は明らかだったから、二つの共同声明の内容の違いが韓国側の抵抗によるものである事は明らかである。

この様な二つの「2+2」の結果の違いから、高まる米中対立の中で苦悩する韓国の状況の深刻さを指摘するのは容易い。事実、韓国の専門家の中でも、バイデン政権が今後、韓国に対してどの様な圧力をかけてくるのかを懸念する声は強くなっている。

だが、同時に重要な事は、アメリカにとってもまた、韓国をどう扱うか、はなかなか厄介な問題だ、という事だ。その理由の第一は、本コラムでも幾度も述べて来た様に、今日の韓国が経済的にも軍事的にもかつてとは比べ物にならないほど「大きく」なってしまった事である。

韓国の現在のGDPは世界12位。その規模はカナダやロシアとほぼ同じになっており、当然の事ながら、その動向はこの地域の経済的秩序に一定の影響を与える事となる。軍事費においては世界第10位。その規模は2019年現在で、日本の92%、イギリスの90%にも達している。加えてこの軍事費は文在寅政権になって毎年7%近い規模で増えている。以前も記した様に、仮にこの状況が続けば、韓国の軍事費は少なくとも計算上、日本やイギリス、更にドイツをも近いうちに追い越す事になる。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』の他、『平成時代の日韓関係』(共著)、『日韓歴史認識問題とは何か』(読売・吉野作造賞)、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『高宗・閔妃』など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米でオミクロン感染初確認、軽い症状 南アから帰国・

ビジネス

米供給網の混乱、オミクロン株で長期化の恐れ=NY連

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ビジネス

米国救済計画、インフレ高進への寄与「小さい」=財務

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中