コラム

藤井聡太王位・棋聖の「今までの棋士にない加速」評、将棋とビジネスに共通するマルチタスク化

2021年07月19日(月)16時15分
藤野英人、佐藤康光

「お金のまなびば!」より

<日本将棋連盟会長・佐藤康光九段が語る藤井聡太の強さの秘密とは? 棋士を脅かすAIの発展から、AI投資、現代のビジネスパーソンに求められるスキルなど、話は思わぬ方向へと広がっていった>

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャーである藤野英人氏と、お金や投資、経済について学んでいくYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

今回の動画「【藤野英人×佐藤康光】読みの勝負をする棋士に学ぶ!思い通りにいかない時の感情との向きあい方」では、日本将棋連盟会長・佐藤康光九段をゲストに招き、人工知能(AI)の進化と将棋界の発展について語り尽くす。

早速話題に上ったのは、史上最年少となるプロ入り以降、将棋界に旋風を巻き起こし続けている若き天才・藤井聡太王位・棋聖。棋聖のタイトルを通算5期以上保持した棋士に与えられる「永世棋聖」の称号をもつ佐藤九段は、藤井王位・棋聖について、こう絶賛する。

「彼の持ち味は、終わりが見える前あたりからのスピード。その加速は今までの棋士にない速さで、ほかの棋士は付いていくことができない。プロとして、彼がどのようにその速さを身に着けたのか非常に興味がある。プレーヤーとしても人間としても非常に魅力がある、素晴らしい後輩が出てきた」

藤井王位・棋聖といえば2021年3月の竜王戦で指した一手が「AI超え」「神の手」と話題を集めた。藤井王位・棋聖を含め、今や多くの若手棋士が棋譜の分析にAIを取り入れているが、佐藤九段はAIの飛躍についてどのように考えているのだろうか。

「AIが非常に進歩し、棋士も勝つのが容易ではなくなった。しかし、AIがどんどん強くなるということは、盤上の中には多くの可能性が眠っているということ。将棋が今の形になって400〜500年たつが、ゲーム自体は未知の部分が多く、まだまだ可能性が広がっているという事実に非常に驚いている」

「ロボットが人間の仕事を奪う」など、AIについてはネガティブなイメージもつきまとう。しかし佐藤九段は、AIの登場により「実は棋士は将棋のことをほとんど理解していなかったかもしれない」という考えに至る。そのため、「この時代に生まれたことはむしろラッキー」と好奇心を示した。

fujino20210719shogi-1-2.jpg

「お金のまなびば!」より

AI将棋が「攻め駒」「守り駒」の役割を変えた

一方、投資家である藤野氏は、AI投資に言及した。

「投資の世界でもAIはどんどん進化し、ノーベル賞を獲るような科学者が参入している。何百億のお金を通してAIを研究する人がいるのは、それだけリターンがあるから」

コストが投じられ、優秀な人材が参画したことでAI投資は革命的に進歩しているというが、新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、これらの話はパタリとやんだという。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

ニュース速報

ビジネス

パウエルFRB議長、理事への黒人女性起用を歓迎

ビジネス

米国株式市場=大幅安、米債利回り上昇に反応 インフ

ビジネス

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

北朝鮮、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験実施

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落とし穴 ── あなたは購入していない

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた

  • 4

    100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生する…

  • 5

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 6

    アメリカから見ると自民党はめっちゃリベラルです

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 9

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 10

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ…

  • 10

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中