Newsweekとは

ご利用規約

株式会社CCCメディアハウス(以下『当社』といいます)またはその代理人が管理・運営するこのウェブサイト(以下『当ウェブサイト』といいます)のご利用に先立ち、以下の「利用規約・環境」および「個人情報保護方針」をよくお読みください。

利用規約

当ウェブサイトのご利用にあたっては、事前に以下のご利用規約をお読みいただき、同意された場合にのみご利用ください。また当社は、本規約を随時変更することができるものとしますので、最新の内容をご確認ください。

著作権について

当ウェブサイトに掲載されている情報(文章、写真、イラスト、プログラムなどのすべてのデジタル情報)に関する著作権およびその他の権利は、当社または当社に使用を認めた権利者に帰属します。これらの著作権は、各国の著作権法、各種条約、その他の法律で保護されており、以下のような法律によって認められる私的利用範囲を超えて、当ウェブサイトに掲載されている内容を使用(複製、改ざん、頒布などを含む)することはできません。
【承諾なしに利用できる私的利用範囲】
・個人的な興味や趣味などで家庭内や家族で閲覧、印刷などをして使用する場合。
・小、中、高校(およびこれに類する教育機関)などで、教育目的のために教材や試験問題などに使用する場合。

商標について

当ウェブサイト上で使用されるトレードマークやサービスマークなどの商標は、当社または当社に使用を認めた権利者に帰属します。これらを無断で使用することはできません。

免責条項について

利用者が本サービスを通じて情報(広告を含む)を得たこと、またはなんらかの原因により本サービスを利用することができなかったことよって生じるいかなる損害についても、当社はなんら責任を負うものではありません。また、当社は、当ウェブサイトの利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害について責任を負うものではありません。なお当社は、予告なしに当ウェブサイトの運営を中断または中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

当ウェブサイトへのリンクについて

当ウェブサイトへのリンクは基本的にフリーですが、フレーム内でリンクするなど、閲覧者に誤解を招くようなリンク方法はお断りする場合があります。事前にお知らせいただいている、いただいていないにかかわらず、当ウェブサイトへの不適切なリンクが認められた場合には、リンクを解除していただくよう要請させていただく場合があります。

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 3

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 4

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 7

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 8

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 9

    中国「一帯一路」国際会議が閉幕、青空に立ち込める…

  • 10

    細菌の感染ルートを探るには、お札を追え!

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 9

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 10

    トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクー…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!