コラム

バイデン政権のサプライチェーン見直し計画は、対中国戦略かつ国内選挙対策

2021年05月14日(金)16時30分

民主党にとって利権誘導政策でもある

そして、実はバイデン政権及び民主党にとって半導体産業振興政策は非常に価値が高い利権誘導政策となっている。下記の地図は米国における半導体産業の集積地を記したものであるが、一部を除いて民主党が選挙に強い「青い州」に集中している。また、フロリダ、ノースカロライナ、アリゾナ、テキサス、ミネソタなどの民主党・共和党の勢力が拮抗している接戦州も既存立地州に含まれている。

産業集積の観点から従来までの集積地周辺に新規投資も集約されることは容易に想定される。それは半導体産業振興のための巨額予算が民主党優勢の州に流れ込むとともに、大統領選挙で重要な接戦州に投下されることを意味する。

watase20210514a.jpg

「2020 STATE OF THE U.S. SEMICONDUCTOR INDUSTRY」Semiconductor Industry Associationから引用

誘致対象となる州に対して海外から有力な半導体企業が進出することで、バイデン政権は同誘致などから生まれる雇用増加などを自らの手柄として強調するだろう。これは選挙時に票掘り起しと資金獲得で有利に働くことになるはずだ。(その誘致がトランプ政権下で進められたものであっても。)

また、民主党の牙城である北部ミネソタ州では国防総省から信頼性でお墨付きを与えられた純国産半導企業であるSkyWater Technology社が4月にナスダック上場を果たしている。同社はフロリダ州などでの工場展開も予定しており、今後バイデン政権下で急速に成長・発展するシンボリックな企業として知られるようになるだろう。(当然、同社は上述の半導体サミットにも新興企業にも関わらず参加している。)

サプライチェーンの見直しは、経済政策、国家安全保障政策と選挙対策

このようにバイデン政権によるサプライチェーンの見直しは、経済政策であり、国家安全保障政策であり、そして選挙対策にもなっている。経済力強化や国防力強化を図りながら、チャッカリと政治的基盤固めにも利用する、米国の抜け目ない政治の在り方は非常に興味深いものだ。米国の政策は常に国際情勢と国内情勢をリンクする形で分析をしていくことが重要だと言えるだろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中