最新記事

野生動物

ムクドリの集団飛行は、ネット民を詩人にするほど美しい

2022年1月28日(金)19時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ムクドリ

「身を守る」という現実的な理由から生まれた芸術的光景(写真はイメージです) mikedabell-iStock

<東京五輪のドローン演出にも負けないくらい幻想的?>

息を呑むような映像がローマで撮影された。

リズミカルに空を舞う何百羽ものムクドリが、TikTok上でユーザーたちを魅了している。統制のとれたパフォーマンスはまるで一つの意思を持った生きもののようで、クラシックBGMとの組み合わせは、この上なく幻想的だ。

昨夏の東京五輪の開会式で、無数のドローンを用いて地球の形を作る空中ショーが話題となったが、夕空に展開される鳥たちの集団飛行も美しさという点で負けていない。

18日にpris(@fuelsfeels)が公開したこの映像は、数百万の視聴者を釘付けにしている。「いいね」の数は(28日時点で)200万を超え、コメント欄には2万件以上の書き込みも。

@fuelsfeels I absolutely lost my whole mind tonight. There's no scientific explanation for why they do this???? #rome #birds ♬ original sound - AntiNightcore

多くの視聴者にとって、この動画は忘れられがちな地球の美しさを思い出すきっかけとなったようだ。あるユーザーは次のように述べる。

「地球上にはあまりにも多くの不思議なことがあって、私たちはそれに慣れすぎている。自分たちが見たり経験したりしていることを、真に理解することはできない。これもその一つ」

まるで詩のようなコメントも見られる。

「彼らはただそれをするためにしているんだ」

日本でも見られるが...

映像に登場するムクドリはヨーロッパ原産だが、1890年にシェイクスピアのファンが「彼の戯曲に登場するすべての鳥を実際に見てみたい」と考え、ニューヨークのセントラルパークに輸入したことから米国にも生息するようになった。今日、北米には約2億羽のムクドリが生息し、外来種に分類されている。

英国王立鳥類保護協会(RSPB)のオリ・ルーリーは、ムクドリが集団飛行するのは安全上の理由からだという。

「ハヤブサのような捕食者は、(数千羽の)ムクドリの群れから一羽を狙うことは難しい」

生で「空中ショー」を見るには、彼らがねぐらに入る前の黄昏時が最適だ。ねぐらは葦原、崖、森林など厳しい天候から守られ、捕食者から逃れられる場所にあることが多い。

ただし、季節によっては都市部の街路樹をねぐらにすることもある。日本でも騒々しい鳴き声や大量の糞(ふん)の被害が報告されている。

うっとりと眺めるには、適度な距離感が必要かもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月