最新記事

事故

南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

Photo Appearing to Show Crashed U.S. F-35 Circulates on Social Media

2022年1月28日(金)15時10分
ジョン・フェン
F35C

空母カールビンソンに着艦するF35CライトニングⅡ(2018) U.S. NAVY/MASS COMMUNICATION SPECIALIST 3RD CLASS MATTHEW GRANITO

<至近距離から撮影した出処不明の画像には海に沈む直前とみられる最新鋭ステルス戦闘機の姿が>

南シナ海では1月24日、米海軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Cが空母への着艦に失敗する事故が発生したが、この事故機とみられる画像が、ソーシャルメディア上で出回っている。問題の画像には水面に浮かぶ戦闘機が映っており、パイロットの姿は見えない。ツイッターやレディット、中国版ツイッター「微博」のユーザーたちは、これが事故を起こしたF35CライトニングⅡだと考えている。

F35Cは24日、南シナ海での通常飛行中に空母カール・ビンソンへの着艦に失敗。空母の甲板に衝突した後、海に落下した。この事故で、脱出したパイロットを含む7人が負傷した。

ハワイの真珠湾に司令部を置く米太平洋艦隊は、機体の状態について詳細を明かしていないが、報道によれば海軍は機体の回収に向けた準備を行っている。複数の有識者は、中国政府が先回りして、最新のステルス技術を求めて機体を回収する可能性もあると示唆している。

F35YOKO.jpgWEIBO

ソーシャルメディア上に出回っている画像の出処は不明だが、携帯電話で撮影した映像のスクリーンショットのように見える。至近距離から撮影されていることを考えると、動画を撮影したのは、近くにいた米海軍の艦艇かもしれない。画像には、操縦席が無人の状態のF35Cと、その近くに機体の破片が複数浮いている様子が映っており、この後、機体は海に沈んだとみられる。

中国の軍事愛好家は興味津々

米空母「カール・ビンソン」と「エイブラハム・リンカーン」が率いる空母打撃群は、1月17日から23日にかけて、西太平洋の沖縄南方の海域で、日本の海上自衛隊と共同訓練を行い、23日から南シナ海での訓練を行っていた。F35Cの事故が起きたのは、その翌日のことだ。

中国の軍事愛好家たちは、今回の事故に大きな関心を寄せている。複数の愛好家によれば、事故機のシリアルナンバーは「169305」。これが確かなら、海に落下したのは「カール・ビンソン」に艦載されている第2空母航空団の第147戦闘攻撃飛行隊に初めて装備されたF35Cということになる。

太平洋艦隊は、事故の原因については調査中との声明を発表。また米第7艦隊のニコラス・リンゴ大尉は24日、ロイター通信に対して、米海軍が機体の回収を行うと説明。だが中国も同様に機体の回収を試みるのかどうかについては、憶測を控えた。

中国外務省の趙立堅副報道局長は、27日の定例会見で次のように述べた。「アメリカは過去にも、南シナ海で事故を起こしている。(2021年10月に)米原子力潜水艦が海山に衝突した事故について、アメリカからまだ明確な説明はない。そして今度は、空母に装備された航空機が南シナ海に落下した」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月