最新記事

サプライチェーン

ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷しない!?

Nike Cancels Store's Orders Until Summer '22 as Supply Chain Issues Wreak Havoc on Holiday Shopping

2021年11月24日(水)17時05分
ダニエル・ビラリアル

コロナ禍の去年は買えたのに(2020年12月3日、カリフォルニア州コマース)  Lucy Nicholson-REUTERS

<アメリカのホリデーシーズンを直撃しているサプライチェーンの混乱で、あるナイキショップには来年夏まで注文はキャンセルとのお達しが>

サプライチェーンの混乱がホリデーシーズンのショッピングに打撃を与えるなか、ナイキは少なくとも1店での注文を2022年夏までキャンセルした。

スニーカー・カルチャー関連のポッドキャスト「フル・サイズ・ラン(Full Size Run)」の共同ホストを務めるブレンダン・ダン(Brendan Dunne)が11月23日に投稿したツイートによれば、ナイキは、あるスニーカー小売事業者に宛てて、キャンセルを伝えるメールを送ったという。

「新型コロナウイルス感染症は依然としてグローバル・サプライチェーンに影響を与えており、輸送の乱れが生じています」と、メールは始まっている。「絶えず変化する未曽有の状況に鑑みて、まことに遺憾ながら(2022年春、2022年夏の)ナイキフューチャー(Nike Future)の注文と、(2021年ホリデーシーズンの)残り分をキャンセルすることをお知らせいたします」

ホリデーシーズンの注文も、まだこの店に届いていない分についてはキャンセルということだ。これがほかの店舗にも適用されるか否かは不明だ。ニューズウィークは、ナイキにコメントを求めている。

「受け入れがたい決定であることは承知しています。当社は、可及的速やかに供給を再開することをめざしています」とメールは続く。

サプライチェーン問題は、新型コロナのパンデミックに起因する職場閉鎖と経済悪化をきっかけに始まった。労働者の不足により、製造と出荷に遅れが出た。この遅れにより、生活必需品が不足するのではないかとの不安が生じ、消費者物価も上昇した。

物価急騰、でもアメリカ人は買う気満々

この危機は、ホリデーシーズンのショッピングに影響を与えている。最新の調査では、アメリカ人の多くが、ガソリン価格の上昇を理由に、感謝祭に車で遠出はしないと回答している。また、最近行われた世論調査では、物価の急騰に伴って、アメリカ人の大多数が、いつも購入している商品(感謝祭のディナーも含む)に、以前よりも高い金額を払っていることが明らかになっている。一部の地域ではクリスマスツリー不足も起こっている。

にもかかわらず、経済学者たちの予測によれば、アメリカ人たちはホリデーシーズン中に大々的な支出を計画しているという。だが、サプライチェーン問題は2022年になっても続く可能性が高く、2023年まで続く可能性さえある。

カリフォルニアの港で、荷下ろしできずに入港を待つ貨物船の数が過去最多となるなか、バイデン政権は先ごろ、この停滞状態を解消するべく、主要港を24時間態勢で稼働させる協定を仲立ちした。さらに、「トラック運送業者や労働組合と協議し、トラック運転手を増やそうとしている」とも述べている。

車両基地や倉庫は労働力不足に悩まされており、貨物コンテナの荷ほどきをできる人がほとんどいない状態だ。こうした場所の多くは、荷物が来るのを待ち構えつつ、大急ぎで配達することを余儀なくされている。後がつかえているからだ。実際に必要な数以上の商品を注文・備蓄している小売企業も、この問題を悪化させている。

この危機をさらに悪化させているのが、アメリカ国内のサプライチェーンを構成する各所のあいだで商業データが共有されているケースがめったにないという事実だ。そのため、サプライチェーンが全体として効率的に稼働せず、寸断されたままになっていると、ロサンゼルス港のジーン・セロカ港湾局長はワシントン・ポストに話している。
(翻訳:ガリレオ)

 20220125issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年1月25日号(1月18日発売)は「2024年の全米動乱」特集。次期米大統領選のトランプ再敗北で、100万人超の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが――

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月