最新記事

ミステリー

こつ然と現れた墓石...奇怪な事件続く米郊外の町 「まるでスティーヴン・キング」

2021年10月11日(月)16時00分
青葉やまと

アメリカ・メイン州の田舎道の路上に19世紀の墓石がこつ然と現れた...... CITY OF WESTBROOK POLICE-Facebook

<森を抜ける路に、19世紀の墓石が出現。町の不可思議な現象は、これが初めてではなかった>

アメリカ北東部・メイン州の郊外のウェストブルックの町で、数年にわたり奇妙な現象が続いている。スティーヴン・キング小説に登場する呪われた街「キャッスルロック」のようだと話題だ。

直近では10月3日の午前9時ごろ、田舎道の路上に墓石がこつ然と現れた。墓石は19世紀のもので、「マリー夫人、デイヴィッド・プラットの妻。1840年1月21日没。享年59」と刻まれている。墓石の下部は土にまみれており、実際に墓地で使用されていたことを物語る。

出現した現場はポートランドの町の郊外を走るメソジスト・ロードで、生い茂る木立とまばらな住宅のあいだを抜ける片側1車線のゆるやかな山道だ。偶然付近を通りかかったドライバーが発見し、現物を回収して地元ウェストブルック警察に持ち込んだ。

ネット探偵たちの推理合戦

ウェストブルック警察はFacebookへの投稿を通じて、情報提供を呼びかけている。「明らかに本物のこの墓石が今朝、メソジスト・ロード上に置かれており、署に届けられました」と説明し、墓石現物の写真を添えて投稿した。

呼びかけに対し、80件を超えるリプライが寄せられている。近くの墓地で同じ墓石を見かけたとする情報や、現在でもメソジスト・ロード沿いに住むプラット姓の一家があり、その祖先のものなのではないかなどの議論が交わされている。

土地測量士を名乗るあるユーザーは、車で1時間あまり離れたエッジクームの町で、46年ほど前にまったく同じ墓石を見たと語っている。隣の土地を測量していたところ、小高い丘にある森の木に寄りかかるように安置されているのを見ており、静かな場所で安らかに眠れているだろうと感じたことから記憶に残ったという。ただ、46年前に見た特定の墓石の記憶について正確さには疑念が残る。

あるユーザーは墓地検索サイトを使い、同地方ヤーマスの町にあるオールド・バプティスト墓地
に同名の故人が埋葬されていることを突き止めた。墓に刻まれた情報から、デイヴィッド・プラット氏の妻であったことや没年月日なども一致する。しかし、検索サイトに掲載された写真は、今回拾得されたものとはまったく別の墓石であるように見える。

過去には墓地が荒らされ墓石が大量に破壊される事件が起きており、今回も墓場荒らしだとすれば故人に対する冒瀆である、と憤る声も多い。

同じ故人に2つの墓石

警察の発表からまもなくして、メアリー・プラット氏の子孫だという人物が名乗りを上げた。子孫らは警察に対し、検索サイトの情報通り、元々オールド・バプティスト墓地に設置されていたものである可能性が高いと話している。

ウェストブルック警察はこの線を念頭に、墓地を管轄するヤーマス警察と共同で調査を進める方針だ。しかし、墓地が古いことから埋葬記録がはっきりとせず、地元歴史協会などの助けを得て解明にあたるという。この線が正しいとすれば、墓地検索サイトで確認できる現存のものとあわせ、マリー夫人名義の墓石は2つ存在することになる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット=ホワイトハウス

ワールド

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

ビジネス

ユーロ圏、経済支援継続を 高インフレは一過性=IM

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、22年に2%下回る可能性低い=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月