最新記事

カトリック教会

仏カトリック教会、小児性愛神父3000人の恥辱

Report Estimates French Catholic Church Employed 3,000 Pedophiles Since 1950s: 'Hideous'

2021年10月4日(月)16時07分
ナタリー・コラロッシ
ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇フランシスコは被害者より教会を守ろうとする隠蔽体質の改革に乗り出した Guglielmo Mangiapane -REUTERS

<独立委員会の調査で明らかになった過去70年間の小児性愛者によるおぞましい犯行を、教会も長い間、見て見ぬふりをしていた>

フランスの教会における性的虐待を調査する独立委員会は10月3日、1950年代以降に同国のカトリック教会内で、数千人に及ぶ聖職者が児童を性的に虐待していたことを明らかにした。

同委員会のジャンマルク・ソベ委員長は、過去70年間に教会のメンバーだった11万5000人の聖職者のうち、約3000人の小児性愛者を特定したことを発表。その3分の2は教区司祭だったとされる。

「歴史、社会学、医療、精神医学などさまざまな分野の視点を取り入れなくてはならない作業だった。児童保護、社会福祉、虐待といった分野の専門知識を動員し、また、神学と法律の専門の技能も必要だった」と、ソベは10月3日にCNNに語った。

委員会は2年半に渡ってフランスの教会内での性的虐待の調査を続け、10月5日の報告書で完全な調査結果を公表する予定だ。委員会は21人で構成され、2018年にフランス・カトリック教会によって虐待を調査するために設立された。

委員会の創設は「秘密とわれわれの社会のおぞましい側面」に対処するための重要なステップであり、報告書の作成には「膨大な量の作業」が必要だったとソベは語った。

「われわれは被害者たちと多くの時間を過ごした。すべての被害者の話を聞く仕事を既存の研究所に委ねることは避けた。もちろん、研究所も一部の聞き取り調査を担当したが、われわれは自ら多くの被害者の聞き取り調査を行った」と、ソベは言う。彼は性虐待被害者の数を明らかにしなかったが、5日の報告書には新たな統計が含まれると述べた。

40件以上が時効に

ジュルナル・デュ・ディマンシュ紙の取材に応じたソベは、今回の調査で1950年から70年にかけて虐待のレベルが特にひどかったことがわかったと述べた。

「1950年から70年にかけて、教会は被害者にまったく関心を示さなかった。子供たちが被った苦しみは無視された。その後は対応が変わった」とソベは同紙に語った。「私たちの目的は、あらゆる虐待に対して具体的な診断を提供し、原因を特定し、すべての結果を引き出すことだ」

フランスのカトリック教会は10月3日に公式ツイッターのアカウントに被害にあった人々のための祈りを投稿した。「主よ, わたしたちは 教会で暴力や性的暴行を受けたすべての人々をあなたに委ねます。裁判の時は、被害者がいつもあなたの支援とわれわれの支援を当てにしてくれますように」。

同教会は、完全な報告書が発行される日にも祈りを捧げるという。

ソベによれば、犯罪として訴追可能な性的虐待事件22件は、検察庁に送られた。時間が経ちすぎて犯罪として起訴することができない40以上の事件の情報は教会本部に送られたと、AP通信が報じた。

フランス司教会議は2019年に、同国の法律上の時効にかからない事件の被害者に金銭的補償を行うことに合意した。3日の時点では、これらのケースの何件が新しい報告書に含まれるか、補償のレベルがどの程度になるかは明らかにされていない。

20211130issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月30日号(11月24日発売)は「AI戦争の時代」特集。人工知能を持つ「ターミネーター」が自ら敵を殺し始めた。PLUS ヘンリー・キッシンジャー「核より恐ろしいAI兵器」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月