最新記事

アフガニスタン

タリバン「公開処刑再開」の一方で、若い戦闘員は青春を満喫

Image Problem: Taliban Warn Foot Soldiers Against Selfies, Sightseeing, Stylish Clothes

2021年9月28日(火)17時48分
ナタリー・コラロッシ
自撮りするタリバン兵士

パーティーを自撮りするタリバンの若者(カブール、2020年5月26日) Mohammad Ismail-REUTERS

<地方から都会に出てきてファッションや自撮りに興じる若い戦闘員たちが、強面タリバンのイメージを傷つける>

アフガニスタンを実効支配するタリバン政権の国防相は、タリバンの若い戦闘員たちがファッションやセルフィーに気を取られるなど風紀が緩んでいることを憂慮、タリバンのイメージを「傷つける」と叱責した。

マウラウィ・モハマド・ヤクーブ暫定国防相は23日に行った演説で、戦闘員たちを激しく叱責した。カブールで観光やアトラクションを楽しむ若いタリバン兵の写真がネットで拡散されたのだ。タリバンには、農村や山岳部育ちでこれまで都市で遊んだ経験などない若者が多い。それが「大都会」のカブールに出てきたのだからむしろ当然のなりゆきだろう。

<動画>ジムや遊園地ではしゃぐタリバン戦闘員

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、「与えられた任務に専念せよ」と、モハマド・ヤクーブは戦闘員たちに警告した。「お前たちは殉教者の血で作られた私たちのイメージを傷つけている」

若い戦闘員がタリバン幹部と撮った記念写真も拡散しており、構成員の安全を損ないかねない行為だと、モハマド・ヤクーブは息巻いた。

ひげを剃ったり髪をカットしたりおしゃれにも熱心で、衣服もイスラム法の定めに反していることもあるという。

流行のファッションを自慢

最近の写真では、最先端のヘアスタイルや流行の服、サングラスやハイトップのスニーカーなどを見せびらかす様子が見られ、厳格な保守派のリーダーたちから厳しい批判を招いている。

「これは、軍閥リーダーや暴力組織がやることだ」と、モハマド・ヤクーブは言った。「われわれがこのような行動を続ければ、神が許さない。われわれはイスラムの制度を失うだろう」

タリバンがアフガニスタンの首都カブールを制圧し、国の実権を握ったのは、今年8月15日。その後全国から何千人もの若いタリバン戦闘員が出てきてカブールに配備された。

政権奪取以来、タリバンの戦闘員は1990年代の最初のタリバン統治時代を彷彿とさせる暴力的な行為をたびたび行ってきた。

9月25日には、西部の都市ヘラートの中央広場でクレーンから犯罪容疑者の遺体をつるしたことが報じられた。AP通信によると、これはタリバンが政権を取って以来、初めての公開処刑とみられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月