最新記事

熱波

東アジアでも日本の気温上昇が顕著──グリーンピース報告

2021年8月10日(火)18時45分
松丸さとみ

東京では20年で約11日夏が早まった (写真は2018年)REUTERS/Kim Kyung-Hoon

<「グリーンピース・イースト・アジア」によると、東アジアで夏の到来が最も早まった都市は札幌だという>

東アジアの57都市のうち8割以上で、20年前と比べて夏の到来が早まっており、中でも札幌市は、調査対象となった都市の中で最もこの傾向が顕著であることが、グリーンピース・イースト・アジアがこのほど発表した報告書で明らかになった。

東京では20年で約11日夏が早まった

報告書は、国際環境保護団体グリーンピースの東アジア支部「グリーンピース・イースト・アジア」がまとめたもの。日本(21都市)、中国(28都市)、韓国(8都市)の計57都市で、気温を分析した。2001~2020年の20年間とその前の20年間(1981~2000年)で、夏の到来(その年で気温が初めて30度以上に達した日)を比較したほか、1960年代以降で「気温が非常に高くなった日」の日数を比較した。

夏の到来については、57都市中48都市で早まっていることが分かった。日本では気象庁のデータを元に、21都市を分析。その年に気温が初めて30度に達した日について、2001~2020年の平均値と、その前の20年間の平均値で比較したところ、18都市で日付が早くなっていた。

とりわけ顕著だったのが札幌市で、2001~2020年は、その前の20年間と比べて夏の到来が23.1日も早まった。この日数は、今回調査した57都市の中で最大。日本国内では仙台市(19.1日)と北九州市(17.1日)が続いた。

東京では、1981~2000年の夏の到来は平均で6月20日だったのが、2001~2020年では6月9日となり、10.9日早まった。

逆に、日本国内で夏の到来が遅くなっていたのは、神戸市マイナス2.7日、熊本市マイナス0.2日、静岡市マイナス0.1日の3都市だった。

中国では28都市中24都市が夏の到来が早まった。20年前と比べて最も早くなったのは湖南省の省都である長沙市の21.9日で、調査した都市全体としては、札幌市に次いで2番目の早さだった。また、南寧はマイナス6.0日で、57都市中夏の到来が最も遅くなっていた。

韓国は8都市中6都市で夏の到来が早まっており、一番顕著だったのは韓国南西部に位置する光州(クァンジュ)で、12.7日だった。

57都市中、夏の到来が早まった日数が多い10都市のうち、6つが日本の都市だった。

<夏の到来が早まった10都市>
札幌市 23.1日
長沙市(中国) 21.9日
仙台市 19.1日
北九州市 17.1日
青島市(中国) 16.2日
千葉市 15.1日
浜松市 14.4日
広島市 13.9日
重慶市(中国) 13.8日
無錫市(中国) 13.7日

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

10万円給付、全額現金の適用基準を検討へ=磯崎官房

ワールド

インド中銀、政策金利を過去最低に据え置き 「成長が

ワールド

前澤氏、宇宙へ出発 ソユーズ打ち上げ

ワールド

FRB幹部の金融取引、ウォーレン議員が情報開示要求

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    BTSメンバーのインスタ開設は「終わりの始まり」?

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 9

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月