最新記事

ミャンマー難民

「帰国拒否」へ反発、おかしくない?──ミャンマー代表選手の難民申請

2021年6月29日(火)20時25分
志葉玲(フリージャーナリスト)
ミャンマー軍に抗議する人々

2022 FIFA W杯アジア2次予選会場(千葉市)周辺でミャンマー軍に抗議する人々 Issei Kato-REUTERS

<母国でクーデターを起こした軍部に日本から抗議の意を示した後、命の危険から帰国せずに日本で難民申請をしたサッカーのミャンマー代表選手に心ないコメントが殺到>

サッカーのワールドカップ2次予選に参加するため、先月来日したミャンマー代表ピエリヤンアウン選手は試合時に、母国でのクーデターに抗議の意を示して三本指を掲げるジェスチャーを行った。その後、ミャンマーに帰国すれば迫害の恐れがあるとして、日本政府に庇護を求め、今月16日に難民認定申請を行った。これに対し、Yahoo!ニュースコメント(ヤフコメ)等ネット上ではピエリヤンアウン選手を批難するようなコメントが相次ぎ、一部のメディアでもそうした意見を取り上げている。難民受け入れの無理解や、差別の根深さを感じさせるものであるが、日本は難民条約に加盟しており、条約上の義務を果たす責任がある。

ネット上での心無い書き込み相次ぐ

先月28日、千葉県で行われたワールドカップ2次予選での日本対ミャンマーの試合で、

ピエリヤンアウン選手はキックオフ前の国歌斉唱の際に、三本指を掲げた。これは、今年2月にミャンマーで発生したクーデターに抗議する民主化運動の象徴的なジェスチャーであり、ピエリヤンアウン選手の指には「WE NEED JUSTICE」(私達は正義を求める)と書かれていた。国際的な注目を浴びるW杯で集まったメディアの前での抗議は、ミャンマー国軍の逆鱗に触れただろうことは確実で、在日ミャンマー人やミャンマー情勢に関心を持つ日本の人々の間でも、ピエリヤンアウン選手への迫害を懸念する声は高まっていたのだ。

今月16日、ピエリヤンアウン選手は帰国の便に乗らず、日本政府に庇護を求め、難民申請を行う意向を明らかにした。筆者もほっと胸をなでおろしたのだが、関連報道へのヤフコメでピエリヤンアウン選手への心無い書き込みが多数あり、現地情勢や難民受け入れの無理解、差別の根深さに、思わず頭を抱えた。

ヤフコメでの本件に関する否定的な書き込みで、多く見たものとして「三本指を掲げただけで難民?」というものがある。上述したように三本指を掲げることは、クーデターに抗議するジェスチャーだ。クーデター発生後、ミャンマーでは人気俳優やモデル、歌手等、著名人達が次々と三本指を掲げクーデターに抗議したが、ミャンマー国軍はこうした著名人達を次々に逮捕したり、指名手配したりしている。また、逮捕された民主化活動家達は激しい拷問を受けており、その挙げ句に殺された事例もある。

ピエリヤンアウン選手はW杯予選という衆目集まる場でミャンマー国軍へ抗議したのだから、日本の難民認定審査において重視される個別把握論*(難民認定申請者を迫害する側が、個人として特定し、迫害の対象にしているということ)で、迫害の危険性が高いと評されるべきだろう。

*個別把握論を重視する日本の難民認定審査については、現地政府の逮捕令状を求める等、難民認定申請者に迫害の恐れについての過大な立証責任を求めており、「灰色の利益」を認める国連難民高等弁務官事務所の難民審査基準に比べ、厳しすぎるとの批判がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ワールド

国連事務総長、オミクロン対策の渡航制限「容認できず

ビジネス

米国株式市場=続落、オミクロン株やインフレ巡る懸念

ワールド

新型コロナ影響克服でインフレ圧力軽減へ=米大統領

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月