最新記事

ゲームチェンジャー

米コインベース上場、仮想通貨が金や為替と並ぶ主流資産に食い込む起爆剤となるか

2021年4月16日(金)19時33分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)

そのため長年にわたり暗号資産の存在を「見て見ぬ振りをしていた」伝統的な投資家も、今後は想像以上に大きく成長し、制度化も進んでいる暗号資産を考慮に入れたポートフォリオ形成を余儀なくされるとし、これが資本市場における「ゲームチェンジャー」になると評した。

実際、今回コインベースについた高い評価額は、暗号資産市場が重要な分岐点に差し掛かっていることを投資家も認識している様子を裏付ける証拠と言えるかもしれない。

暗号資産をめぐっては、テスラが仮想通貨の代表格であるビットコインを今年大量に購入したうえ、電気自動車(EV)購入時の決済にビットコインを受け付けると発表したほか、クレジットカード大手ビザや決済大手ペイパルも暗号資産での支払い対応を決めるなど、これら通貨が実社会に確実に入り込みつつある印象を受ける。

暗号資産界のグーグルとなるか

著名投資家のロン・コンウェイ氏は、暗号資産とこれを取り巻く技術や企業を含む「クリプトエコノミー」が「次の数兆ドル規模のイノベーション機会」になるとの見方を示し、その中核に位置するコインベースを「クリプトエコノミーのグーグル」と呼んだ。

ただ、コインベースの上場が話題を集めたからと言って、同社や市場全体が前途洋々というわけではない。

何よりもまず、コインベースは成長モメンタムをめぐる不確実性が非常に高い。上場に先立ち同社が発表した1−3月期決算によると、最終利益はすでに黒字化を達成し、前年通期の2倍超に相当する7億3000万〜8億ドルに急増した。だがこの96%をトランザクション手数料で稼いでおり、その他事業はまだわずかにしか寄与していない。

つまり、価格変動を受けて取引が細れば、同社の収益も一気に縮小する恐れがあるということだ。足元では暗号資産の取引が極めて活発化しており、これが特にビットコインの価格に連動しやすいコインベースの収益を顕著に押し上げているものの、これら資産はいまだに投機色が強いためボラティリティが極めて大きい。

さらに、市場の拡大に伴い規制が厳格化されることも必至だ。コインベースの共同創業者兼CEOのブライアン・アームストロング氏は「暗号通貨事業に関して言えば、規制が(サイバーセキュリティと並ぶ)最大のリスクの1つだ」と語っている。

ビットコインなどは一般への認知が広がり、企業や金融機関もこの波に逆らわずにトレンドに乗ろうとしている。ただ、政策当局者の間では暗号資産に対する懐疑論が根強く残っているのも確かだ。FRBのパウエル議長は今週、こうした通貨について「投機手段に過ぎず、決済手段として積極的に用いられてはいない」との認識を示した。

コインベースは、自由かつ公平でオープンな金融システムを構築し、「世界の経済的自由度を高める」ことをミッションとして掲げている。暗号資産界のグーグルとして市場発展の中心的存在を担えるか、それともかつてのネットスケープやAOLのように一時期のブームを経て影を潜めるようになるかは、今後の同社の舵取り次第となろう。

sachi_headshot.jpegジェンキンス沙智
フリーランスジャーナリスト兼翻訳家。
テキサス大学オースティン校卒業後にロイター通信に入社し、東京支局で英文記者としてテクノロジー、通信、航空、食品、小売業界などを中心に企業ニュースを担当した。2010年に退職・渡米し、フリーランスに転向。これまでに、WSJ日本版コラム「ジェンキンス沙智の米国ワーキングマザー当世事情」を執筆したほか、週刊エコノミストやロイターなどの媒体に寄稿した。現在は執筆活動に加え、大手金融機関やメディアを顧客に金融・ビジネス・経済分野の翻訳サービスを提供している。JTFほんやく検定1級翻訳士(金融・証券)。米テキサス州オースティン近郊在住、愛知県出身。

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月