最新記事

ゲームチェンジャー

米コインベース上場、仮想通貨が金や為替と並ぶ主流資産に食い込む起爆剤となるか

2021年4月16日(金)19時33分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)

そのため長年にわたり暗号資産の存在を「見て見ぬ振りをしていた」伝統的な投資家も、今後は想像以上に大きく成長し、制度化も進んでいる暗号資産を考慮に入れたポートフォリオ形成を余儀なくされるとし、これが資本市場における「ゲームチェンジャー」になると評した。

実際、今回コインベースについた高い評価額は、暗号資産市場が重要な分岐点に差し掛かっていることを投資家も認識している様子を裏付ける証拠と言えるかもしれない。

暗号資産をめぐっては、テスラが仮想通貨の代表格であるビットコインを今年大量に購入したうえ、電気自動車(EV)購入時の決済にビットコインを受け付けると発表したほか、クレジットカード大手ビザや決済大手ペイパルも暗号資産での支払い対応を決めるなど、これら通貨が実社会に確実に入り込みつつある印象を受ける。

暗号資産界のグーグルとなるか

著名投資家のロン・コンウェイ氏は、暗号資産とこれを取り巻く技術や企業を含む「クリプトエコノミー」が「次の数兆ドル規模のイノベーション機会」になるとの見方を示し、その中核に位置するコインベースを「クリプトエコノミーのグーグル」と呼んだ。

ただ、コインベースの上場が話題を集めたからと言って、同社や市場全体が前途洋々というわけではない。

何よりもまず、コインベースは成長モメンタムをめぐる不確実性が非常に高い。上場に先立ち同社が発表した1−3月期決算によると、最終利益はすでに黒字化を達成し、前年通期の2倍超に相当する7億3000万〜8億ドルに急増した。だがこの96%をトランザクション手数料で稼いでおり、その他事業はまだわずかにしか寄与していない。

つまり、価格変動を受けて取引が細れば、同社の収益も一気に縮小する恐れがあるということだ。足元では暗号資産の取引が極めて活発化しており、これが特にビットコインの価格に連動しやすいコインベースの収益を顕著に押し上げているものの、これら資産はいまだに投機色が強いためボラティリティが極めて大きい。

さらに、市場の拡大に伴い規制が厳格化されることも必至だ。コインベースの共同創業者兼CEOのブライアン・アームストロング氏は「暗号通貨事業に関して言えば、規制が(サイバーセキュリティと並ぶ)最大のリスクの1つだ」と語っている。

ビットコインなどは一般への認知が広がり、企業や金融機関もこの波に逆らわずにトレンドに乗ろうとしている。ただ、政策当局者の間では暗号資産に対する懐疑論が根強く残っているのも確かだ。FRBのパウエル議長は今週、こうした通貨について「投機手段に過ぎず、決済手段として積極的に用いられてはいない」との認識を示した。

コインベースは、自由かつ公平でオープンな金融システムを構築し、「世界の経済的自由度を高める」ことをミッションとして掲げている。暗号資産界のグーグルとして市場発展の中心的存在を担えるか、それともかつてのネットスケープやAOLのように一時期のブームを経て影を潜めるようになるかは、今後の同社の舵取り次第となろう。

sachi_headshot.jpegジェンキンス沙智
フリーランスジャーナリスト兼翻訳家。
テキサス大学オースティン校卒業後にロイター通信に入社し、東京支局で英文記者としてテクノロジー、通信、航空、食品、小売業界などを中心に企業ニュースを担当した。2010年に退職・渡米し、フリーランスに転向。これまでに、WSJ日本版コラム「ジェンキンス沙智の米国ワーキングマザー当世事情」を執筆したほか、週刊エコノミストやロイターなどの媒体に寄稿した。現在は執筆活動に加え、大手金融機関やメディアを顧客に金融・ビジネス・経済分野の翻訳サービスを提供している。JTFほんやく検定1級翻訳士(金融・証券)。米テキサス州オースティン近郊在住、愛知県出身。

 20220531issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月31日号(5月24日発売)は「NATO vs プーチン」特集。北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤解」だが、ロシアは必ずしもそれを恐れない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

最近の資本流出、「十分に制御」されている=中国国家

ビジネス

日経平均は続落、材料乏しく方向感欠く FOMC議事

ビジネス

午後3時のドルは上昇127円付近、米景気減速懸念で

ビジネス

第1四半期の独GDP改定値、前期比+0.2% 戦争

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    「プーチンは来年引退、政権も瓦解か」──元MI6長官

  • 9

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月