最新記事

新型コロナウイルス

【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

Fact Check: Are Anal Swabs to Test For COVID-19 Mandatory in China?

2021年3月5日(金)15時00分
グレアム・マクナリー

肛門にスワブを挿入して検体を採取する方式が最も有効だと中国の公衆衛生当局は考えている Pascal Rossignol-REUTERS

<日本やアメリカからの入国者に対して中国が肛門PCR検査を実施したことに、驚きの声が上がっているが......>

中国の公衆衛生当局は、新型コロナウイルスのPCR検査で肛門にスワブを挿入して検体を採取する方法が最善と考えているようだ。呼吸器よりも消化器の方がウイルスの痕跡が長く残りやすいというのがその理由だ。

一方で、鼻や喉から検体を採取する従来の方法が最も効果的と考えている中国の病理学者もいる。

米ニューズウィークが今年1月後半に取材した時には、中国の医療の専門家はまだ、肛門検査の有効性について予備調査の結果を検討している段階だった。

ネットの風説

今週4日、ソーシャルメディアで中国の肛門PCR検査に対して驚きの声が上がった。

ツイッターではユーザー(@davenewworld_2)が「中国では肛門検査が義務付けられている。まるで『サウスパーク』の世界だ」と、コメントした(編注:『サウスパーク』は米ケーブルテレビチャンネル・コメディセントラルで放送されているコメディアニメ)。


肛門検査のファクト

北京、上海、青島など中国の一部の都市では、一部の外国人入国者に肛門検査を実施している。ロイターによると、対象となるのは感染拡大地域からの入国者や、同じ旅客機内で5人以上のコロナ陽性者がいるケース。

北京市の感染対策部門の職員は、中国共産党系メディアの環球時報に対して「北京を訪れる外国人は全て」鼻の検査に加えて肛門検査の対象になる、と話している。

これに対して日本とアメリカの政府は、自国民への肛門検査に異議を申し立てた。在中国の日本大使館は、肛門検査の「心理的負担が大きい」として、日本人入国者には行わないよう中国外務省に要請した。

先月にはアメリカの外交官も、肛門検査を受けて不満を申し出ていた。米国務省の報道官は「国務省はこのような検査手法に同意しておらず、米大使館職員がこの検査の対象になったことについて直接、中国側(外務省)に抗議した」と語った。米外交官への肛門検査は「間違って」実施されたという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

スーダン首相、自宅軟禁の状態に─匿名筋=TV

ビジネス

中国不動産会社、発改委と26日に北京で会談へ=現地

ビジネス

中国恒大の一部社債保有者、9月23日期限の利息受け

ワールド

香港のコロナ「感染ゼロ」政策、金融ハブの地位損なう

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本国民の給料がどうしても上がらない決定的な理由…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月