最新記事

未来予測

2100年には1年の半分が夏に

2021年3月31日(水)19時33分
松丸さとみ

熱波や山火事、暴風などが頻繁に起きるようになる...... image2roman-iStock

<中国科学院南海海洋研究所の研究によると、1年のうち約半分である166日は夏になるという...... >

夏は長く暑く、冬は短く暖かく

地球温暖化に対して何もしなければ、2100年までに北半球では1年の半分が夏になる──こんな研究がこのほど明らかになった。研究結果は、アメリカ地球物理学連合(AGU)発行の地球科学誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズに掲載された。

ここ数年、春になったと思ったらあっという間に夏が来て、秋もすぐに終わってしまう...という感覚はないだろうか?これは単なる気のせいではないようだ。研究者らは、地球温暖化が原因で、夏はより長く暑く、冬はより暖かく短くなっているとしている。

この研究を行ったのは、中国科学院南海海洋研究所のグアン・ユーピン博士率いるチームだ。博士らは、1952年から2011年における、北半球の中緯度での四季の移り変わりを調べた。

その結果、この60年弱の間に、夏の長さが78日から95日に増えた一方で、春は124日から115日、秋は87日から82日、冬は76日から73日へとそれぞれ短くなった。なお、気温の高さが上位25%になった最初の日を夏の始まりとし、気温の低い上位25%が始まった日を冬の始まりと定義したという。

四季の長さの変化がもっとも顕著だったのは、地中海地方だった。また、チベット高原とチベット西域も大きな変化がみられた。

こうした季節の変化の原因は主に、温室効果ガスの排出などによる地球温暖化だ。

グアン博士らは、この数値を使ってさらに、もしこのまま何も解決に取り組まずに行った場合、2100年までに季節がどう変わっていくかを調べた。その結果、春と夏の到来は2011年と比べ1カ月ほど早くなり、秋と冬は1カ月ほど遅くなるであろうことが分かった。1年のうち約半分である166日は夏になり、冬は31日で終わることになる。

花粉症の悪化、感染症を媒介する蚊が北上など

研究者らは論文の中で、こうした季節の変化により、人間の健康が影響を受ける他、自然環境や農作物にも影響すると述べている。さらに、夏が暑く、長くなると、熱波や山火事、暴風などが頻繁に起きるようになるため、これまでの災害対策を調整する必要が出てくるという。

また、デング熱などウイルスの媒介となる蚊が北上し、現在は主に熱帯地域にみられるウイルス性の感染症が、これまで発生したことがなかったような地域で流行する可能性もある。論文ではさらに、花粉症の原因となる植物の生育期が長くなることから、花粉症の季節が長くなると予測している。

グアン博士は米CNNに対し、季節の変化により季節風の時期も変わると指摘。つまりは季節風がもたらす雨もまた変わることになるが、雨季の変化が、農作物の成長と合わない可能性もあるという。

オハイオ州にあるケント州立大学の気候科学者スコット・シェリダン教授(グアン博士らの研究には関わっていない)は米NBCニュースに対し、季節の変化にすべてが完ぺきに合わせられるわけではないと説明する。

「地表から生える花を例にすると、こうした花は開花することができても、授粉する蜂がいないかもしれないし、蜂の活動期のピークは過ぎているかもしれない」とシェリダン教授は話す。

こうした季節の変化による農業への連鎖反応については、グアン博士らも、研究論文の中で懸念を示しており、農業管理のための政策も必要になってくると予測している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月