最新記事

韓国

「日本の大陸進出の野心」が怖い......韓国与党の主張への疑問

2021年2月5日(金)17時15分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

文在寅政権の海軍軽空母導入には国内からも疑問の声が絶えない Jeon Heob-Kyun/Pool/REUTERS

<まさか韓国与党の首席報道官は、日本が軍事的な覇権を求めて「大陸進出」しようとしていると考えているのか>

韓国紙・ハンギョレは4日、「『韓日海底トンネル』にとんでもない『イデオロギー論』」と題した記事を掲載し、次のように伝えた。

〈野党「国民の力」が、4月7日の再選・補欠選挙にともない行われる釜山市長選挙を控え打ち出した「加徳島・九州海底トンネル」の公約に対し、突然、親日議論が広がった。韓国と日本の間に海底トンネルを作れば日本に一方的に有利であるため、「親日公約」だというのが共に民主党の主張だ〉

<「日本に勝てない」>

釜山市長選では以前から、加徳島の新空港構想が争点のひとつになっており、与党・共に民主党は積極推進の立場だ。同構想は経済合理性に関して疑問符が付けられていることもあり、保守野党・国民の力の指導部は最近まで立場を決めかねていたのだが、選挙が迫り、地元受けをねらって賛成を決めた。ただ、「新空港ひとつで釜山の経済がよみがえるわけではない」と主張してきたこととの整合性を保つため、日韓を海底トンネルでつなぐという数十年前からあるアイデアを引っ張り出してきてくっつけたのだ。

問題は、これに対する与党の反応だ。共に民主党の崔仁昊(チェ・イノ)首席報道官は1日、記者団に対し「日本の大陸進出の野心に高速道路を架けてやるようなもの」と発言。翌日発表した書面による談話でも、海底トンネル構想を「親日的な議題」だと主張した。

公正を期して言うならば、崔報道官の批判の大部分は経済的な観点からのものだ。要約すると「莫大な費用がかかる海底トンネル構想は実現性が乏しいし、日本側からの提案もない。できたとしても利は日本側の方が大きく、釜山が得るものは少ない」という趣旨である。

こういった論争は、韓国国内で大いにやれば良いだろう。日本もまた、こういった話に関心を持つか持たないかは自国の都合による。

しかしどうして、このような話に「日本の大陸進出の野心」などという主張を混ぜ、ネガティブな意味で「親日的な議題」などという言葉を使うのか。韓国の政党が反日世論を選挙利用しているという見方を裏付けるものと言えるが、その範囲で収まっていればまだマシかもしれない。

そもそも、「日本の大陸進出の野心」とは何を思い浮かべて言っているのか。経済的な大陸進出ならば、日本はとっくの昔にやっているし、それが「問題だ」と言う国は韓国を含めひとつもない。崔報道官はもしかして、日本が軍事的な覇権を求めて「大陸進出」しようとしていると考えているのか。まさか、韓国与党の首席報道官ともあろう人物が、そんなはずはなかろう。

しかし、不安にさせられる要素があるのも事実だ。文在寅政権は海軍の軽空母導入を進めているが、これには「なぜ我が国に空母が必要なんだ」という疑問の声が韓国国内からも絶えない。推進派は、先にいずも型護衛艦の空母化を決めた日本への対抗心を隠そうともせず、「持ったとしても、わが国の空母はぜったい日本に勝てない」という専門家の批判にも耳を貸さない。

<参考記事:「韓国の空母は日本にぜったい勝てない」韓国専門家も断言

文在寅政権は最近、日韓関係の改善を目指す姿勢をアピールしているが、与党の首席報道官が今回のような言動をしていては、真意を疑われざるを得ない。

ちなみに、ハンギョレは政権に近い進歩系メディアだが、冒頭の記事は与党に対する批判調の内容になっている。身内ですら「おかしい」と問題提起する崔報道官の発言を、韓国の政権・与党は正すべきではないのか。

<参考記事:文在寅の空母が自衛隊に「ぜったい勝てない」理由...韓国専門家が解説

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ--中朝国境滞在記--』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月