最新記事

ネット

デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

Toxic Cyberbullying

2020年5月30日(土)14時00分
大橋 希(本誌記者)

webj200530-teraha.jpg

日本の恋愛リアリティー番組ではかつての『ねるとん』が頂点だった、と語るデーブ HISAKO KAWASAKI-NEWSWEEK JAPAN

――番組が出演者を中傷から守ってあげる手段を作るべき?

『テラハ』の問題となった場面はいわば番組のハイライトで、製作側はむしろ大喜びですよ。木村さんはプロレスラーで、しかもヒール(悪役)。(製作側は)番組中のトラブルを想定するに決まっている。リアリティー番組でカップルが登場するなら、どこかで喧嘩したり、短気を起こしたり、泣いたりといったリアクションが求められる。求められるというか、リアリティーだから当然なんです。木村さんが何かトラブルを起こさないと、キャスティングミスにもなりかねなかったと思う。

ただ、もし番組があの洗濯機シーンを演出したのなら責任が増します。

今は、「SNSを見なければいい」という意見は言ってはいけないことになっている。でも実際、ひどいことが書いてあるなら「見ない」と決めちゃえばいい。あるいはコメント機能を止める、パブリック(公開)にしないとか、いろんなやり方がある。またはマネジャーに見てもらって、ひどいものは通報したり、製作側に相談する。「ひどいコメントは書かないでね」と注意しても、誹謗中傷する人はそんなのを聞くわけがないから。

名誉棄損など、民事で訴える手段もある。場合によっては刑事事件にもできる。ただ裁判は短くても1年くらいかかるし、お金もかかる。それ自体がストレスになる。だったら放っておくのが一番いい。

1つの問題は、今の芸能界ではSNSが仕事の一環になっていること。タレントによっては、事務所がブログなどをやらせている。フェイスブック、インスタグラム、TikTok、YouTube、ツイッター......これ、ストレスになりますよ。本人がやりたくてやっていればいいが、あまり向いていないとか、コメントを見たくない人には断る自由を与えるべきだと思う。

今回は番組打ち切りで止むを得ないかもしれないが、ある意味で誹謗中傷をやった人の勝ちになるから難しいですね。ならば、せめて検証番組をやるとか。

それから、アメリカや欧州では自殺のニュースを伝える場合、必ず記事などの最後に相談窓口の情報を書く。日本ももっとそういうのをやってもいいと思う。精一杯のフォローとしてね。

――有名税という考え方もあるが。

木村さんへの誹謗中傷はひどすぎるので、それが有名税と言ったら、誰も有名人にならないですよ。

どこまで耐えられるのか、というのがあって。例えば神田うのやデヴィ夫人だって、「自慢しやがって」とか酷いことを書かれていると思う。お笑い芸人だって「てめーなんて見たくないよ」「馬鹿野郎」とかすごいことを言われている。でも割り切って、そんなもんだと処理できる人は問題ない。

アメリカにTMZという芸能サイトがあるが、コメント欄は信じられないほどひどい。クレイジーな人が、侮辱するどころじゃない。でも正直言って、そんなのは見なければいい。「今はそうは言えないよ」って言うけど、それが僕には分からない。例えば電車やバスに乗って、怪しい人がいたらその人を避けるでしょ? 変な人のそばに行かなきゃいいというのは、当たり前のアドバイスじゃないですか。

SNSが出てくる前、つまりインターネット時代の前、ファンレターは全部開けて、変なものが入っていないかチェックしたうえで、タレントに見せていた。それが今は本人のアカウントに来ちゃうからチェックできない。番組が管理しているサイトだったら、あるいは事務所のサイトだったら管理して、削除できる。個人のSNSはそれができないから、それなりの対策が必要だ。

僕はテレビでいろんなことを言ったときは、どう言われているかなと、コメント欄を「目を細めて」見るんです(笑)。ちょっとやばそうな単語があったら、あとはもう見ない。

それから、ツイートを見たフォロワーが僕よりいいダジャレを返してくるから、いつも困ってます!

<2020年6月9日号掲載>

20200609issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル

◆ ◆ ◆


※自殺については、以下のような相談窓口があります。

こころの相談統一ダイヤル 0570-064-556 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/kokoro_dial.html

いのちの電話相談 0570-783-556
https://www.inochinodenwa.org/soudan.php

東京自殺防止センター 03-5286-9090
https://www.befrienders-jpn.org/

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

フランスGDP、21年は+7%で52年ぶり大幅成長

ビジネス

イールドカーブのスティープ化、検討は時期尚早=黒田

ビジネス

大和証Gの10-12月純利益は6.9%増 金利上昇

ビジネス

今のところ増税想定していない=鈴木財務相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月