最新記事

アップル

Appleを去るジョニー・アイブ──最高デザイン責任者が遺したものとは

2019年7月4日(木)19時30分
佐藤由紀子

年内にAppleを退社するジョニー・アイブ(Appleの役員紹介ページより)

<Apple製品のデザインを担ってきたジョニー・アイブが年内にAppleを退社することが報道された。これまでジョニー・アイブが遺してきたものはなんだったのか......>

Appleの最高デザイン責任者(CDO)、サー・ジョニー・アイブが年内にAppleを退社するというニュースはiPhoneやMacBook愛用者に衝撃を与えた。AppleのiPhoneやMacBookをはじめとする現行製品のすべてが、同氏の監督下でデザインされたものだからだ。

アイブは退社後に設立する自分のデザイン会社「LoveFrom」でAppleの仕事を引き続き行うとしているが、その影響は減るだろう。

ちなみにアイブのサーの称号は、2013年にデザイン業界への貢献を讃えて英国王室が与えたものだ。

トランスルーセントの曲線が美しい「iMac」で革命を起こした

アイブは英国出身で、Appleに1992年に入社するまでは、ロンドンのデザイン会社に勤めていた。当時そのデザイン会社の顧客だったAppleの幹部がアイブの才能に目をとめ、同氏を引き抜いた。

だが、アイブが入社したのはAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズが不在の時代のことで、アイブの斬新なデザインを評価する幹部はいなかった。同氏がAppleで才能を発揮するのは、1997年にジョブズがCEOとして復帰してからのことだ。

アイブの半生を描いた書籍「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」(2015年日経BP刊)によると、地下に追いやられていたアイブのデザインスタジオを初めて訪れたジョブズは、「臆病な前経営陣が手を出さなかった、はっと目をひくようなプロトタイプ」に驚き、穏やかなアイブを気に入ったという。

それからAppleが次々と世に送り出した製品は、2人のデザインに関する思想が込められた独創的なものになった。グレーやベージュで角張った形が当たり前だったパーソナルコンピュータにトランスルーセント(半透明)の曲線が美しい「iMac」(1998年)で革命を起こし、デジタルオーディオプレーヤーの黎明期である2001年には"衝撃的にニュートラルな白"い筐体に斬新なホイールを配した「iPod」で市場を支配した。そして、「iPhone」(2007年)、「iPad」(2010年)、「Apple Watch」(2015年)が続く。

RTXJ8F0.jpg

1999年10月 iMacとスティーブ・ジョブズ

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月