最新記事

火星探査

火星探査車「オポチュニティ」が15年にわたる探査を終了 想定寿命の60倍

2019年2月22日(金)14時30分
秋山文野

オポチュニティがエンデュランスクレーターに向かいつつ撮影した自分自身の影。Image credit: NASA/JPL

<こちらも凄い。NASA ジェット推進研究所の火星探査車「オポチュニティ」が先ごろ15年にわたる長い探査を終了した>

2019年2月13日、NASA ジェット推進研究所が開発した火星探査車マーズ・エクスプロレーション・ローバー "オポチュニティ"が想定寿命の60倍という15年にわたる長い探査を終了した。

2018年の夏以来、火星で発生した砂嵐により太陽電池の上に降り積もり、発電量が低下して活動できずにいたと見られ、昨年6月以降は通信できない状態が続いていた。JPLは砂が吹き飛ばされ通信が回復する希望を持って何度も通信を試みたが、ローバーからの応答はなかった。

2003年7月に地球を出発、2004年6月火星に着陸

当初は90火星日の予定だったオポチュニティの探査は、双子のローバーのスピリットが通信途絶となった後も続き、火星の砂に車輪を取られながらも45キロメートルの距離を走破した。その功績はよく「火星表面で水の存在を示す有力な手がかりを見つけた」といわれる。オポチュニティは、その大きな成果を、火星着陸から間もなく成し遂げた幸運なローバーだった。

オポチュニティは双子のローバー、スピリットに続いて2003年7月に地球を出発し、2004年6月24日に火星に着陸した。火星の赤道に近いメリディアニ平原のイーグルクレーターと呼ばれる場所に着陸した(スピリットは別のグセフクレーターに着陸)。探査の大きな目的は、ふたつの着陸地点でかつて火星の表面を水が覆っていた痕跡を探すことだった。

F1.large.jpg記念すべき1火星日目、ナビゲーションカメラから撮影したオポチュニティ自身の一部と火星の表面。先端にパノラマカメラが搭載されたマストが展開される前のもの。Image credit: NASA/JPL

火星の表面に液体の水が存在したことを裏付ける「ブルーベリー」

メリディアニ平原が着陸場所に選ばれた理由とは、火星周回探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーの探査によって、この場所が平らな地形でありローバーの探査に向いていること、そしてヘマタイトという形成時に液体の水が関係する鉱物が存在する、と見られていたことによる。

直径約20メートルのイーグルクレーターにチャレンジャー記念基地と名付けられた通信拠点を残し、オポチュニティは移動を開始した。着陸地点周辺にはきめ細かい砂が広がっていたが、10メートル進むと層状の岩石に行き当たり、7火星日目には岩石の上に直径4~6ミリメートルの小さな球状の石を発見。小球は「ブルーベリー」、ブルーベリーが乗っていた岩のくぼみは「ベリーボウル」と呼ばれることになった。ブルーベリーには水の中で作られるヘマタイトやジャロサイト(鉄ミョウバン石)という鉱物を含んでおり、かつて火星の表面に液体の水が存在したことを裏付けるエビデンスとなった。

PIA05634.jpgベリーボウルと呼ばれる岩石 NASA/JPL/Cornell

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月