最新記事

宇宙

宇宙旅行が脳に不可逆的変化をもたらす......ISS滞在飛行士の調査で判明

2018年11月2日(金)18時55分
高森郁哉

長期にわたる微少重力に脳が影響を受ける NASA-REUTERS

<国際宇宙ステーションに平均6ヶ月滞在した宇宙飛行士の脳の状態を調べたところ、灰白質の体積が帰還直後に減少したり、脳脊髄液が増加するなどの変化が現れることがわかった>

国際宇宙ステーション(ISS)から帰還した宇宙飛行士を対象にした調査で、長期にわたる微少重力に脳が影響を受け、その影響が半年以上たっても残る可能性があることが明らかになった。

宇宙飛行士10人を調査

ベルギー、ロシア、ドイツの国際研究チームによる論文が学術誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲載され、医学系メディア「Medical Xpress」などが報じた

チームは、男性宇宙飛行士10名(平均年齢44歳、平均宇宙ミッション期間189日)を対象に調査を実施。飛行前、帰還直後(平均で9日後)、帰還の約7カ月後(平均で209日後、この調査のみ7人で実施)という3つの時点における脳の状態を、磁気共鳴画像法(MRI)で撮影して調べた。

これらのデータによると、脳の灰白質(主にニューロンの細胞体で構成される大脳皮質の部分)の体積が帰還直後、前頭眼窩野と頭葉皮質で広範囲にわたって減少し、右中側頭回では最大で3.3%減少していた。7カ月後には大部分で灰白質の体積が飛行前の水準に回復していたものの、右中側頭回では1.2%減少した状態にとどまったという。

白質(主に神経線維で構成される脳の部分)についても、帰還直後に左側頭葉で体積の減少が見られ、7カ月後には大脳で全体的に減少していた。一方で、脳半球と脳室の脳脊髄液(CSF)は帰還直後に増加し(第3脳室で最大12.9%増)、7カ月後には飛行前の値に戻りつつあったが、蜘蛛膜下全体の脳脊髄液は7カ月後に増加していた。

nejmc1809011_f1.jpeg

研究者らは、こうした宇宙での長期滞在による脳の変化は、帰還した宇宙飛行士の一部が訴えた視力低下などの視覚異常と関係する可能性があると指摘。また、長期ミッションの健康リスクを減らすために、より広範な調査が必要だとしている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米大統領、高額薬価巡り製薬会社批判 抑制策の早期可

ワールド

自民党に岸田首相直轄の財政健全化推進本部、最高顧問

ワールド

スーチー氏への禁錮刑、好ましくない動きで懸念=松野

ワールド

米欧5首脳、ウクライナ情勢協議 ロシアの脅威に連携

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月