最新記事

ヘルス

ワクチン接種が進む今こそ感染予防の基本を確認 正しい手指消毒を学べる液体

2021年07月27日(火)20時25分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

スタートアップのHeyfairのDesiCoach

濃いピンク色の着色液(1)は、ブラックベリー、ラズベリー、サクランボなどのエキスを使った植物性染料で色付けしてある。これを消毒液に見立てて使う。まずは、ボトルから手のひらに液を適量出す。手のひらに出すと液はほぼ透明になるので、手を15~30秒間こすり合わせる。そして、消毒効果が十分発揮されるといわれる約30秒後にピンク色が表れる。

この状態で、カラーチャートの色と自分の手のピンク色を比較する。チャートの1番濃いピンク色と同じなら液の量は十分だったことを示し、実際に消毒液を使ったときの効果は100%期待できる。それより少し薄いピンク色だと消毒の効果は半減し50~60%になってしまう。薄いピンク色だとしたら効果は30%にとどまり、液の量がまったく足りなかったことになる。手のサイズに合わせ、目分量で自分の適量を測れるようになることは大切だ。

newsweek_20210727_195719.jpgまた、爪、指、手首と均一に塗れていない場合も多く、手をこすり合わせる際に液が垂れることもあり、手のこすり方も正しかったのかどうかもチェックできる。それらのチェックポイントを確認したら、脱色液(2)でピンク色を落とす。

Heyfairでは、この練習を1度に数回繰り返し、その後は、確認として時間をあけて再度やってみることを薦めている。

医療従事者の間で大好評

この商品は、2019年4月から発売が始まった。同社に問い合わせたところ、2019年と比べ、感染が深刻化した2020年の売り上げはおよそ270%跳ね上がったといい、ロベルト・ヘルムントCEOは「感染拡大前に売り出したことは、大きなメリットだった」と述べた。

実際にDesiCoachを使った医師たちのコメントは「手間がかからず効果的にチェックできる」「素晴らしいアイデアだ。結果が非常にわかりやすい」と上々。薬局店員からは「もう何年にも渡って消毒してきたから大丈夫だと自信があった店員の何人かは、正しく塗れていなかった。すごく驚いた。これを使えば、どこが間違っていたかがすぐにわかる」、医学教育の現場からも「学生たちが使ってみた。しっかり塗れていない箇所がすべて見えた。いい経験になった」と好評を得た(医療機器販売店DocCheck Shop)。

使用対象は医療従事者だが、企業や家庭で使いたい場合も取り寄せることができる。同社のオンラインショップで注文すれば日本にも送付してもらえる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売