最新記事

フランス

女性カップルの体外受精が可能になり喜びの声「長い間待ち望んだ」、仏

2021年07月06日(火)16時29分
ゾーエ・ストロズースキ

レズビアン同士で子供を持てる道がようやく開けた CHARLES PLATIAUーREUTERS

<保守派やキリスト教的価値観を重んじる人々の反対にあっていた体外受精などを可能にする法案がついに可決>

独身女性やレズビアン同士のカップルも人工授精や体外受精といった生殖補助医療を無償で受けられる──6月29日、フランスの国民議会でそんな法案が可決され、年内にも施行される見通しとなった。

フランスでは2013年に同性婚が合法化されたが、その後も生殖補助医療の適用は異性カップルに限定されてきた。LGBT支援団体などが対象の拡大を求めてロビー活動を続けてきたが、カトリック信者の反対運動や、保守派が多数を占める上院の抵抗が続いて難航。2年がかりの審議の末にようやく、43歳未満の全ての女性が無償で治療を受けられることが決まった。

フランス最大のLGBT団体であるインターLGBTのマチュー・ガティポンは「長い間待ち望んだ前進だ」と歓迎した。だが一方で、女性同士のカップルや独身女性は何年もの間、妊娠を先送りするか他国で高額の治療を受けるしかなかったとして、遅々として進まなかった議論に不満をにじませてもいる。

20210921issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月21日号(9月14日発売)は「歴史で読み解く台湾情勢」特集。米中対立の「発火点」――歴史・文化・軍事・技術から台湾情勢を解き明かす。解説:野嶋 剛(ジャーナリスト)ほか

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

RANKING

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    進歩派なようで実は差別的な構造に執着...リアルすぎ…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 1

    マインドフルネスの落とし穴...より利己的になる人も…

  • 2

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売