最新記事

米社会

ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? 米法律専門家の見解

Britney’s Next Step

2021年06月29日(火)17時46分
モリー・オルムステッド

210706P44_BSP_02.jpg

MARIO ANZUONIーREUTERS

――スピアーズは弁護士に助言されたわけではなく、彼女自身が公表にこだわった。自分の意見をはっきり述べたのは得策だったのか。

裁判所は本人を見て、その能力について独自の評価を下せると思う。マイナス面もあるかもしれないが、一般的に見れば得策だと思う。

――IUDの取り外しを禁じられているという主張は衝撃的だった。後見人が妊娠・出産まで管理するのは一般的なことか。

意思決定能力がありそうな成人の場合には、明らかに異例だ。後見人にその権限を認める裁判所命令が出されて初めて管理が可能になるが、通常の後見人の権限の範囲を超えている。それに妊娠・出産の自由の侵害は、憲法に抵触する可能性がある。

――友人との外出など些細なことについても、自分に決定権がないと語っている。

一部にはそういうケースもあるが、彼女の証言から考えると異例のことだと思う。

――後見制度については、誰が後見人になるかという問題のほかに、人によってどのような違いがあるのか。

スピアーズの場合は完全後見制度が適用されていて、後見人が全ての権限を持つ。これとは別に、後見人が一部の権限しか持たない限定的な後見制度がある。被後見人が一部の決定権を保持するが、出演契約などについては後見人が決定権を持つ。

スピアーズの場合、後見制度の適用が適切だったとしても、なぜ限定的ではなく完全後見制度が適用されたのか。その点がもう1つの問題だ。

――彼女は後見制度の適用期間中、ずっと仕事をしていた。これは一般的なことか。

通常、被後見人は働いていない。相続した資産があって、それを後見人が管理しているというケースが多い。

――働いているのなら、十分な意思決定能力がある証拠と見なせるのではないか。

そう、日常的な活動を行う能力があると考えられる。それにスピアーズの持つ財産は、(相続したものではなく)彼女自身が稼いだものだから、後見人が管理する必要もない。

――彼女は家族を訴えたいと言っているが、可能なのか。

家族が彼女に何らかの危害を加えたか、過失があったという証拠が必要だ。しかし現在の後見人は裁判所の任命を受け、これまでの行動は承認されているから、訴えるのは難しいだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売