最新記事

子供

IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ親の教育方針

‘My Two‒Year‒Old Has an IQ of 146’

2021年06月30日(水)20時29分
スクジット・アスワル(米ロサンゼルス在住)

さらに、ここロサンゼルスにはさまざまな幼稚園や学校がある。親の好みではなく、娘がうまく成長できるところに通わせるために必要なことを知りたかった。そして、私たちが親バカにすぎないのか、それを超えた何かがあるのかを知りたかった。

2歳8カ月でテストを受けて、結果はIQ146。彼女の年齢では上位0.01%、5~6歳のレベルだった。この結果がメンサ(知能指数の高い人たちの国際団体)に認定され、先日アメリカ人として最年少の会員になった。

最大の誤解は、IQが高いから知的に早熟な子供になるというものだ。娘には子供らしく毎日を楽しみ、自由に道を切り開いてほしいと思っている。「ここに座って本を読みなさい」と強制したことはない。実際、子供らしいことに夢中になるし、キャラクターやおしゃれが大好きだ。

私たちは彼女の生来の好奇心を大切にしている。そして、自慢の娘であり愛していると毎日、語り掛けている。

私たちは良い親であろうと努力している。キャシュが大切にされて、愛されて、幸せであってほしい。親なら誰でもそう願うだろう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売