最新記事

ツイッター

あなたのつぶやきが永久保存される意味

米議会図書館がすべての公開ツイートを保存すると発表したが、これは誰にとって歓迎すべきことなのか

2010年4月19日(月)15時57分
バレット・シェリダン(本誌記者)

歴史的つぶやき 何げないたわ言もすべて後世に残る Mario Anzuoni-Reuters

 つぶやきはどう死ぬのか。素早く、静かに、死ぬ。ツイッター利用者なら誰でも知っているだろうが、この延々と流れ続ける「ツイート・ストリーム」は寿命が短い。どんなメッセージも数時間で賞味期限が切れてしまう。

 そんな状況が4月14日に一変した。米議会図書館がすべての公開ツイートを保存すると(もちろんツイッターを通じて)発表したのだ。そう、すべてのつぶやきだ。あなたの義姉が朝食に作ったブリトーについての退屈なレビューも、俳優ジョン・ラロケットによる140字の音詩も、すべて後世のために保存されることになった。

 これは、ほとんどすべての人にとって朗報だろう。ツイッター社にとっては勝利だ。ライバルを出し抜いて正統性のお墨付きを得たのだから。議会図書館にとってはPRの大成功だ。偏狭な官僚機構がデジタル時代に適応できることを世界に示したのだから。

 そして何より、研究者や歴史家にとっては強力な道具になる。ツイートの大半はたわ言だが、賢明なデータ解析者は膨大な情報──ツイッター社のある幹部はこの情報群を「地球の鼓動」と呼ぶ──の中から真実を探り出すことができるだろう。

2028年大統領の過去も丸見え

 個々のツイートも歴史家の注目を集めるかもしれない。議会図書館は、バラク・オバマが08年の大統領選で勝利したときのツイートは保存する価値があると指摘する。もし例えば現在の若いツイッタラーの1人が28年に大統領になったとしたら、歴史家は(そして醜聞を探り出すジャーナリストも)過去のツイート記録が残っていてよかったと思うだろう。

 実は、議会図書館の決定に少し当惑している唯一の集団は──政府が何かをしていることに怒る草の根保守派運動「ティーパーティー」参加者を除けば──ツイッター利用者たち自身かもしれない。私たちの思考、文章、画像、アイデアがどこかのデジタル倉庫に永久に保管される世界が急速に近づいている。私たちの大半は頭ではそれを認識しているが、行動は必ずしも伴わない。まだ中途半端な状態だ。

 走り書きのツイートが論議を呼ぶ事例が既にちらほら出ている。例えば、オバマ大統領がラッパーのカニエ・ウェストを「あほ」呼ばわりしたことをABCニュースの記者がツイートして問題になった。

 2028年の大統領候補者たちは、若き日の自分が残したデジタル足跡にメディアがアクセスするのを嫌がるかもしれない。しかし、選択の余地はなくなりつつある。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとナスダックが最高値更新、FO

ワールド

ディズニーの米テーマパーク、マスク不要に ワクチン

ワールド

ウクライナ大統領「バイデン氏は明確な答えを」、NA

ビジネス

JPモルガン、5000億ドルの現金保有 金利上昇待

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月