最新記事

宇宙

ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離れた大質量星の姿をとらえる

2021年4月30日(金)17時20分
松岡由希子

太陽の100万倍も明るく、その質量は太陽質量の70倍、そして寿命はきわめて短い...... NASA, ESA, STScI

<ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げから31周年を記念し、太陽の100万倍も明るく、その質量は太陽質量の70倍のりゅうこつ座AG星の画像が公開された......>

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)は、1990年4月24日にスペースシャトル・ディスカバリーによって打ち上げられ、高度約340マイル(約547キロ)の軌道を周回する宇宙望遠鏡である。打ち上げから31年間で、18万1000回以上、地球を周回し、約4万8000個の天体を150万回以上にわたって観測してきた。

星雲が幅およそ5光年にわたり広がっている

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げから31周年を記念し、2万光年離れた南天の星座「りゅうこつ座(竜骨座)」の恒星「りゅうこつ座AG星」の観測画像を公開した。

りゅうこつ座AG星は、銀河系で最も光度の大きい恒星のひとつであり、その周囲にはガスや塵でできた星雲が幅およそ5光年にわたり広がっている。

りゅうこつ座AG星は「高光度青色変光星(LBV)」のひとつだ。太陽の100万倍も明るく、その質量は太陽質量の70倍である。

高光度青色変光星は不安定で、しばらく穏やかに過ごしながら、時折、質量放出を起こす。内側への重力と核融合反応による外側への放射圧がせめぎ合い、星の膨張や収縮をもたらす。放射圧が勝り、星が大きく膨張すると、星の外層の一部が吹き飛んで周囲に物質を放出し、やがて収縮して元の大きさに戻る。

これらの現象は星が崩壊しようとしている時に起きる。高光度青色変光星(LBV)の寿命はわずか数百万年と、太陽の寿命が約100億年であるのに比べて極めて短い。

放出された物質の質量は太陽重量の約10倍

りゅうこつ座AG星を取り巻く巨大な星雲は、約1万年前、その外層の一部が宇宙に吹き飛ばされて形成された。りゅうこつ座AG星から放出された物質の質量は太陽重量の約10倍に相当する。

りゅうこつ座AG星は現在静止しているが、時速67万マイル(100万キロ)の恒星風を吹き出し続けており、りゅうこつ座AG星から放出された物質をこの恒星風が外側に押し出すことで、星雲の内部に空洞が生じている。

ハッブル宇宙望遠鏡の観測画像では、窒素ガスと混じり合った水素ガスが赤く光り、塵の塊がりゅうこつ座AG星の反射光によって青く照らされている。オタマジャクシのような形状で青く映っている部分は、恒星風によって形成された、より密度の濃い塵の塊だ。

matuoka20210430bb.jpg


りゅうこつ座AG星のような大質量星は、広範囲にわたって影響をもたらすため、天文学者にとって重要である。なかでも高光度青色変光星はめったに見られず、既知のものは50個に満たない。

高光度青色変光星を専門に研究する独ルール大学ボーフム(RUB)のケルスティン・ワイス博士は「高光度青色変光星を研究するのが好きだ。その不安定さに魅了されたからだ。この星は何か奇妙なことをしている」とその魅力を語っている。

Hubble's 31st Anniversary: Giant Star on the Edge of Destruction

ニュース速報

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

北朝鮮外相、米との接触「時間の浪費」と一蹴

ワールド

香港の民主派紙・蘋果日報、24日付を最後に廃刊 報

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月