最新記事

日本文化

日本一「激しい」闘牛はここ、世界遺産登録前に見に行こう

2018年1月25日(木)19時05分
Pen Magazine International

Photos: Pen Magazine International

<重い牛は軽自動車より重く、強い牛は1頭1000万円以上もする――。闘牛に人生を捧げる闘牛ファイターたちが暮らす島へ>

世界遺産に登録された途端、イッキに増えるのが観光客。登録される前に行っときゃよかった......と思うことってないだろうか?

いま日本政府は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」を世界自然遺産登録に向けてユネスコ(国連教育科学文化機関)に申請中だ。そんな中、今夏に登録される前に、ぜひ訪れてほしい場所が鹿児島県・徳之島。高い出生率を誇る島として聞いたことがある方もいるかもしれない(島で唯一の空港の愛称も「徳之島子宝空港」という)。

peninter180125-2.jpg

でも、本当に知ってもらいたいのは、徳之島の男たちが夢中になっている闘牛だ。日本における闘牛は、沖縄や愛媛にもある。しかし、この徳之島の闘牛の戦いがもっとも激しいと言われているのだ。

そんな闘牛に人生を捧げる徳之島の闘牛ファイターのドキュメンタリームービーが、日本のカルチャーを海外に発信するPenの国際版ウェブサイト「Pen Magazine International」(pen-online.com)で公開された。

peninter180125-3.jpg

作品は、大会に向けてトレーニングを行う牛主のストーリーから始まる。闘牛の試合はボクシングのように階級別になっていて、いわゆるヘビー級にあたる最重量級では、体重が1トンを超える牛もいる。軽自動車の車重が約750キロだから、それよりも大きい牛同士が戦う迫力は推して知るべし。

peninter180125-4.jpg

また、強い牛は、なんと1頭あたり1000万円以上で取り引きされることもあるとか。牛のエンブレムをつけたランボルギーニの中古車を買うことと、さほど変わらないスケールだろう。

いや、その後の飼料代や手間を考えると、ランボルギーニどころの話ではない。つまり、この島の闘牛ファイターたちは、それだけ闘牛に人生を賭けているのである。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全日空とJAL、日本到着便の予約再開 4日午前零時

ワールド

訂正-原油価格、来年125ドルへ上昇も 23年は1

ビジネス

インドネシア中銀、政策変更シグナルは前もって発信=

ビジネス

ユーロ圏10月小売売上高、前月比0.2%増 非食品

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月