最新記事

教育

教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場に集めることはできない

2021年12月1日(水)11時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

このやり方で、公立小学校男性教員の月収を同条件の労働者全体と比較した。前者が後者の何倍かという倍率は県によってかなり違う。<表2>は、この倍率が高い順に47都道府県を並べたものだ。

data211201-chart02.png

最高は岩手の1.161倍、最低は東京の0.715倍となっている。教員給与が民間を上回るのは13県で(赤色)、青色の14県では前者が後者より10%以上低い。ボーナスも含めた年収の比較だと違うかもしれないが、月収(本俸)の比較だとこうなる。おおよそ、教員給与が民間より高いとは言えない。

教員の待遇改善を考えるための資料として使っていただけたらと思うが、教員を「魅力ある職業」に映じさせるには、教員になるための経済的障壁を除くのも一つの手だ。教員養成大学の学費を無償にする、ないしは教員になったら奨学金の返済免除などをしたらどうか。いずれも過去に行われていたことで、戦前の師範学校の学費は無償だったし、90年代初頭までは教育公務員になったら日本育英会(現・日本学生支援機構)の奨学金の返済は免除されていた。全国一律でなくても、こういう実験をする国立大学が出てきたら面白い。もしかしたら、優秀な学生が押し寄せるかもしれない。

前に本サイトで書いたことがあるが、日本は優秀な学生を教員に引き寄せるのに成功している(「優秀な若者を教員に引き寄せてきた日本で、とうとう始まった教員離れ」)。労働時間が長く給与もさほど高くないのに、これは奇跡と言っていいかもしれない。教員という崇高な仕事への憧れもあるだろうが、こういう感情に寄りかかるやり方は綻びを見せつつある。

優秀な若者を教員に引き寄せるにはどうしたらいいか。経済的な困窮が広がっている今、国ができることは多いだろう。

<資料:文科省『学校教員統計調査』(2019年)、
    厚労省『賃金構造基本統計調査』(2019年)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

ビジネス

ECB、物価高を懸念 引き締めペースが唯一の議題=

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 継続受給は196

ビジネス

5月米フィラデルフィア連銀業況指数は2.6、2年ぶ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月