最新記事

K-POP

BTSメンバーのインスタ開設は「終わりの始まり」?

What BTS Stars Have Said About Splitting As They Announce Extended Break

2021年12月7日(火)20時15分
ライアン・スミス
BTS

最年長メンバーのジン(左から3人目)は「義務が発生したら、最善を尽くす」と語る(2021年12月3日、米カリフォルニア州) Mario Anzuoni-REUTERS

<個人アカウントは休養中にファンと交流する手段の一つと見られるが、グループが「完全体でなくなる」日が近づいていることを示唆する動きとも捉えられる>

韓国の人気グループBTS(防弾少年団)は12月6日、「長期休暇」に入ると発表し、ファンを驚かせた。

BTSが所属するビッグ・ヒット・ミュージックが発表した声明にはこうある。

「BTSが『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA』と『2021年ジングルボール・ツアー』という公式活動を終えた後、2019年に続き2回目の公式長期休暇を取ることをお知らせします。コロナ禍にある2020年と2021年、BTSはファンと交流するために活動を続け、輝かしい結果を出して世界のトップアーティストとしての地位を確立しました。今回の休息期間は、精力的に活動に打ち込んできたBTSのメンバーにとって、新たにインスピレーションを得て、創造的なエネルギーを充電する機会となります。また、彼らはデビュー以来初めて、家族と一緒にホリデーシーズンを過ごすことになります」

さらに、BTSが「『新しい章』の始まりとなるコンサートと新アルバムのリリースの準備に集中する」ことも付け加えられた。彼らは来年3月にソウルでの対面コンサートを開催することを発表している。

迫る兵役の現実

休暇後の活動が期待されると同時に、「その日」が来るのはいつかという疑問が再び頭をもたげてきた。

休養発表と同じ日、メンバーのRM、JIN(ジン)、SUGA(シュガ)、J-HOPE、JIMIN(ジミン)、V、JUNGKOOK(ジョングク)がそれぞれインスタグラムのアカウントを立ち上げ、数百万人のフォロワーを獲得した(JUNKOOKが投稿を取り消したり、SUGAが「インスタは難しい」と書いたり、VがBLACKPINKのジェニーのアカウントをフォローしてすぐに取り消すなど、当初は混乱もあった模様)。

これまでSNSの個人アカウントを持っていなかった彼らがそれぞれインスタを開設したのは、長期休養中にARMY(アーミー)と呼ばれる熱心なファンと連絡を取り合うための手段かもしれない。一方で、避けられない「終わりの始まり」と捉えることもできる。

今のBTSの人気からすれば、グループのメンバーが欠けるのは考えられないこと。だが彼らの母国・韓国では徴兵制度があるため、それは近い将来に直面しなければならない現実だ。

韓国の法律では原則18~29歳の健常な男性はおよそ21カ月間、兵役に就かなければならない。BTS自身も2019年、米CBSの番組「サンデー・モーニング」のインタビューで、義務を果たすためにグループが「完全体でなくなる」見通しについて語った。ジンはその問題について尋ねられ、「韓国人としては当然のことで、いざ義務が発生したら、私たちはそれに応えて最善を尽くすつもりです」と述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月