最新記事

映画

ホラー映画の「怖さスケール」を独自開発!新作映画の怖さを測定すると...

Scarier Than the Original?

2021年6月18日(金)11時48分
サ ム・アダムズ(スレート誌映画担当)
『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』

ブラント(中央)が演じる母親と子供たちはエイリアンたちに勘づかれないように音を立てずに過ごす ©2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

<6月18日に日本公開の新作『クワイエット・プレイス』のパート2を、『JAWS/ジョーズ』など過去の名作と比較してみると>

ホラー映画の熱いファンなら、作品は怖ければ怖いほどいい。けれども怖がりにとって、怖過ぎる作品はNGだ。

そこで、独自の「ホラー作品恐怖スケール」を作ってみた。名作ホラーとの比較で新作がどれくらい怖いかを10点満点で採点したもので、考慮した要素は3つある。サスペンス、グロさ、そして不気味さだ。

今回採点したのは『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』。ジョン・クラシンスキー監督・脚本・出演の2018年のヒット作『クワイエット・プレイス』の続編だ。

主人公一家(主演のエミリー・ブラント、その夫を演じるクラシンスキーと子供たち)の生き残りメンバーは、今作でも聴覚が鋭敏なエイリアンたちに襲われる。人類の大部分はこの宇宙人たちによって、前作より前に滅ぼされたという設定だ。

210615p52_sc02.jpg

「クワイエット・プレイス」シリーズの主要な要素はサスペンス。人間たちが誤って音を立て、エイリアンに見つかるかどうかという極度の緊張感が、物語に推進力を生んでいる。

続編では観客が作品世界になじんだため、この緊張感がいくらか薄れたように思える。でも過去にさかのぼってエイリアンの地球襲来時を描いた冒頭シーンでは、前作の閉所恐怖症的な怖さとは全く別のカオス的恐怖が全開。誰が生き残るか分かっていても、ハラハラすること請け合いだ。

210615p52_sc03.jpg

シリーズを通じて流血、つまりグロさは控えめ。ただしクラシンスキーは、傷ついた足に妙なこだわりがあるようだ。第1作ではブラントが踏んだくぎが足を貫通するし、今回もある人物が熊用の罠に足首を挟まれる。露骨過ぎる場面はないが、深い傷の描写が苦手な人は注意が必要だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月