最新記事

新しいアニメの神話作りをめざして

アップルの興亡

経営難、追放と復活、iMacとiPad
「最もクールな企業」誕生の秘密

2010.05.31

ニューストピックス

新しいアニメの神話作りをめざして

ピクサー社長として画期的なCGアニメ『トイ・ストーリー』を大ヒットさせ、ハリウッドで新たな夢をふくらませるアップル創業者

2010年5月31日(月)12時12分
スティーブン・リービー、ケイティー・ハフナー

 最近のスティーブ・ジョブズ(42)は、昔とは違う。

 彼の会社が作ったアニメ映画『トイ・ストーリー』の登場人物に例えれば、以前の彼は宇宙レンジャーのバズ・ライトイヤー。自信たっぷりで親分肌、悪くいえば横柄な感じだった。

 だが、古巣アップルコンピュータへの復帰も果たした今のジョブズは、バズの相棒でカウボーイのウッディを思わせる。相変わらず目立ちたがり屋だが、尊敬されるリーダーに変身したようなのだ。

 シリコンバレーの強引な勝負師から、ハリウッドを相手にする度量の大きな経営者に変身しつつあるジョブズ。みずから率いてきたコンピュータ会社ネクストをアップルに約4億ドルで売却し、今はアニメ映画『トイ・ストーリー』で驚異的な成功を収めたコンピュータグラフィックス(CG)製作会社ピクサーに入れ込んでいる。

 今の目標は、人々の記憶に残る名作を続々と生み出すこと。「その昔ウォルト・ディズニーがしていたこと」だ。大それた夢と笑うなかれ。2月末、ピクサーとディズニーは10年間で5作品を共同製作するという画期的な提携関係を結んでいるのだ。

 これにはもちろん、ビデオやCD‐ROM化の権利、あらゆるキャラクター商品のライセンス契約も含まれる。以前の両社の契約は、ディズニー側に圧倒的に有利だった。最終的に400億ドルと予想される『トイ・ストーリー』の収益のうち、ピクサーの取り分は12・5%にすぎない。

 しかし、これからは半分が転がり込んでくる。ピクサーはすかさず、『トイ・ストーリー』の続編(ビデオのみ)を新しい契約のもとで製作すると発表した。

 あのディズニー帝国が、第三者とこんなに「対等」な契約を結ぶのは異例のこと。『トイ・ストーリー』の大ヒットを、ディズニーが高く買っている証拠だ。

 アニメ映画は、一度当たれば大きい。興行収入だけでなく、登場するキャラクターが玩具や書籍、テレビ番組、さまざまなグッズに顔を出すたびに利益が転がり込む。しかも生身の俳優と違って、アニメのキャラクターには高いギャラを払う必要もない。

アップル時代とは違う

 だから、どの映画会社もアニメでのヒットをねらっている。「でも、[『トイ・ストーリー』が公開された]1995年12月まで誰も成功できなかった」と、ジョブズは断言する。

 このところ『トイ・ストーリー』以外にめぼしいヒット作に恵まれていないディズニーにとって、ピクサーは「金の卵」だ。だからこそ異例の対等な契約を結んだのだ。

 もっとも、ディズニーが本当に欲しかったのはジョブズではなく、ジョン・ラセター(40)だ。この男こそアニメ界の新星、『トイ・ストーリー』で職人芸的なCGの世界とハリウッド流の商業主義の橋渡しをしてアカデミー賞監督賞に輝いた人物である。

 83年、ラセターはジョージ・ルーカス率いるルーカスフィルムに入社。周囲は人間の動きをCGで正確にシミュレートすることに没頭していたが、ラセターは「ミッキー・マウスのような魅力あるキャラクターを作り出そう」と提言したという。「いくらコンピュータをいじっても、アニメはできない。ぼくらはストーリーとキャラクターを創造するんだ」と、ラセターは言う。

「ラセターは天才だ」と、ディズニーのアニメ部門を率いるピーター・シュナイダーは言う。「彼は、私たちとは違う目で世界を見る。愛すべきキャラクターやおかしな物語を生み出す才能にあふれていて、自分もそれを楽しんでいる」

 ピクサーの成功が彼に負うところが大きいことは、ジョブズも認めている。だがラセターがライバル会社にくら替えするおそれは、まずない。ラセター自身、ピクサー株を大量に所有しているからだ。

ニュース速報

ビジネス

伊政府、ウニクレディトのモンテ・パスキ買収で雇用と

ビジネス

米石油・ガス各社の第2四半期、市場予想を上回る 原

ビジネス

ペトロブラスの第2四半期、利益が予想超え 原油高や

ビジネス

米ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月