最新記事

鉄道ファンが語る「好きなとこ、嫌なとこ」

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

鉄道ファンが語る「好きなとこ、嫌なとこ」

オリバー・マイヤー(「日本鉄道友の会」メンバー)、アントニー・ロビンス(「日本鉄道友の会」日本エリアコーディネーター)

2010年5月21日(金)12時09分
森田優介(本誌記者)

尽きない情熱 暇を見つけては日本各地の鉄道を回るというロビンス(左)とマイヤー PETER BLAKELYーREDUX

「池袋が日本の第一印象だった」とオリバー・マイヤー(40)は言う。正確には「池袋駅」だ。電車が次々に入ってきて、すべてが満員----ドイツから初めて日本を訪れた20歳のマイヤーにとって、バスで成田空港から到着した池袋で見たプラットホームの光景は驚きだった。鉄道マニアではなかったが、彼はそれを機に日本人顔負けの「鉄ちゃん」に。今では日本の鉄道雑誌も読む。

 一方、83年から計20年以上も日本で暮らすアントニー・ロビンス(49)は、イギリスにいったん帰国した91年にロンドンで「日本鉄道友の会」に出合った。ヨーロッパを中心に240人の会員をもつ、日本の鉄道の愛好家の団体だ。

 名古屋近郊に住む2人は、共に愛知教育大学で教壇に立つが、イギリスやドイツから来日する鉄道マニアたちの「ツアーガイド」という顔ももつ。本誌・森田優介が愛知県の豊橋で話を聞いた。

----日本の鉄道をどう思う?

マイヤー 世界一ですね。日本にはJRも私鉄もある。ヨーロッパで私鉄といえば小規模な鉄道会社をイメージするけれど、東急はスイス国鉄より規模が大きい。鉄道会社も路線も駅もいろいろあって、とにかく見どころが多い。

ロビンス 地方の私鉄のなかには古い中古車両を使っている会社がある一方、この国には新幹線も走っている。この春(日本鉄道友の会の訪日ツアー参加者のなかに)ヨークシャー地方の鉄道関係者がいたんだが、彼は複雑な路線や乗客の多さに仰天していたよ。ある鉄道ファンがインドと比較してこう言った。インドの鉄道も興味深いが、旅行者には大変な国だ。物売りがしつこいし、清潔でない場所が多い。日本は清潔で、何事も信頼性がある。

マイヤー そう、その信頼性。それが日本の鉄道の二つ目の特徴だと思う。いつも時間に正確だからね、名鉄(名古屋鉄道)以外は(笑)。名鉄は毎朝2分遅れる。

ロビンス でもイギリスなら2分は遅れに入らないよ(笑)。

----駅員や乗務員については?

ロビンス 仕事に誇りをもっているね。乗客と駅員がお互いを尊重し合っている。イギリスでは鉄道が遅れたら、客は駅員をののしるし、駅員も対応が悪い。

マイヤー  それに、JR東海やJR東日本は人気のある就職先だ。ドイツの鉄道は人気がない。

----日本の鉄道マニアについてはどう思うか。

ロビンス 日本で鉄道ファンのイメージはオタクだと思うかもしれないけれど、それでもイギリスに比べたら彼らはラッキーだよ。イギリスではオタクすぎる趣味だとか批判されて、変質者扱いだ。

----日本と欧州の鉄道ファンの違いは何だろう?

マイヤー  日本のファンは写真重視で、イギリスは数字重視。ただ数字を書きとめるんだ、クレージーだと思うけれどね。

----数字って何の数字?

ロビンス 車両型式を示す番号だよ。珍しい型式の車両を見たらメモする。クレージーに思うかもしれないが、実は私も少し......(と後ろめたそうに言う彼の胸ポケットには、メモ帳が見える)。

----あなたは写真を撮る?

ロビンス ええ、撮りますよ。そういえば、写真のスタイルの違いは興味深い。

マイヤー  ああ、あれね。蒸気機関車を見に行ったときのことだけれど、日本人は下からなめ上げるように撮ったり、逆光でシルエットだけを撮ったりするんだ。(訪日ツアー参加者の)ドイツ人たちは初めてだから、正面や側面など標準的な写真を撮る。

ロビンス 鉄道が小さく写っているような風景写真も、日本人は好む。芸術的だが、そういう写真はイギリスでは珍しい。

----富士山を背景に手前に新幹線が小さく写っているような?

マイヤー  そうそう!

ロビンス もう一つ大事なことがある。イギリスには保存された鉄道が多く、スタッフの多くはボランティアだ。日本では、ある路線が閉鎖されても何もなされない。

マイヤー  日本の鉄道では、いつも歴史が軽視される。

----好きな鉄道はどこか。

マイヤー  景色でいえば、いちばん興味深いのはJR紀勢本線。片側には海、反対側には山で素晴らしい。日本は島国だから、とても日本的な路線だと思う。

ロビンス 特急列車のイメージが強い小田急線が好きですね。ロマンスカーはとてもスタイリッシュなデザインだ。鉄道にはスピードとスタイルが必要。あと、個人的には食堂車が欲しいけれど。

----駅弁は食べない?

ロビンス うーん、ときどきは。でも冷たい米は好きになれない。

マイヤー  弁当は興味深いよ。梅干しや魚が入っていてカラフルだし。でも冷たいのがねえ......。

[2008年10月15日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米供給網の混乱、オミクロン株で長期化の恐れ=NY連

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ワールド

米でオミクロン感染を初確認、南アからの帰国者 軽い

ビジネス

米国救済計画、インフレ高進への寄与「小さい」=財務

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月