コラム

大谷翔平が「神様」ジョーダンやルースも凌駕し得る科学的な理由

2021年07月14日(水)07時00分

33号本塁打を放ちチームメイトに祝福される大谷(7月9日) ABBIE PARR/GETTY IMAGES

<NBA史上最高のプレーヤーも攻守に優れていたがショーヘイの二刀流がそれ以上である訳とは>

アメリカのスポーツ界は今、日本の話題で持ちきりだ。東京五輪の開催国だからではない。アメリカでは2人の日本人アスリートに対する関心が五輪を圧倒している。

まず、テニスの大坂なおみ。史上最も稼ぐ女性アスリートである大坂は、全仏オープンを棄権。ウィンブルドン選手権も欠場して、メンタルヘルスとスポーツに関する初の本格的議論に火を付けた。大坂はサッカーのメッシやロナウドなどに次ぐブランド力を持つ人気選手。その彼女が弱さを率直に告白したことで、世界中のファンとの絆が強まり、今では一般ニュースの最重要ページを飾るまでになった。

最も稼ぐアスリートの座を大坂と争うのは、同じ「日出ずる国」の選手だ。大谷翔平がアメリカで巻き起こした熱狂を説明するのは容易ではない。アメリカで史上最も有名なスポーツ選手と言えば、ベーブ・ルースとマイケル・ジョーダンだが、大谷は2人を凌駕する可能性を秘めている。

野球選手として直接的な比較対象になるルースは、投手として活躍した後、バッティングに専念。野球史上最も恐れられる打者となった。一方、大谷は7月4日、史上初めて投手と打者の両方でオールスターに選出された。ルースは間違いなく史上最高の野球選手だが、投打のどちらか一方に集中しなければならなかった。信じ難いペースで本塁打を量産したルースの活躍は前代未聞だったため、現実以上に偉大視され、漫画的な存在として受け止められた。

しかし、大谷はもっと途方もない、超人的な選手であり、より大きな畏敬の念を抱かせる。100マイル(約160キロ)を超える速球で打者を抑え込み、その直後にバットで記録的な速さの打球を飛ばす。にわかには信じ難い偉業であり、米大リーグのライバルたちは彼を神と比較している。

過去に最もよく神と比較されたアスリートと言えば、ジョーダンだ。ジョーダンがボストン・セルティックスとのプレーオフで1試合63得点を挙げた夜、当時世界最高の選手と呼ばれていたラリー・バードは、「あれはマイケル・ジョーダンの姿をした神だ」と言った。この世のものとは思えない運動能力、アクロバティックなダンクシュート、優雅な身のこなし、そして容姿──ジョーダンのおかげで米プロバスケットボールのNBAはアフリカ、アジア、南米で熱狂的ファンを獲得し、世界的スポーツに成長した。

全盛期のジョーダンは最高のディフェンダーであると同時に、最高のオフェンシブプレーヤーでもあった。他のスポーツでも絶対にお目に掛かれない選手だとされているが、投打両方でオールスターに選ばれた大谷はそれに匹敵するのではないか。

しかも、「二刀流」の難易度は野球のほうがずっと高い。投手と打者に求められる動作、視覚と手の動きの協調、筋肉の質や骨格はほとんど正反対だが、バスケットはよく似ている。大谷に比べると、「神様」ジョーダンもかすんで見える。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中