コラム

塗り替わる世界秩序 六辻彰二
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

先住民族「強制収容所」で子供215人の遺骨発見──それでもカナダが先進的な理由

・カナダで先住民族の子供が集められていた「強制収容所」の跡地が発見された。 ・これは先住民族を「同化」の名の下で迫害してきたカナダ史の暗部

2021.06.08
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「愛される中国」を目指す習近平の焦り──「中国が理解されていない」

・習近平国家主席は共産党幹部に、中国について国際的な理解を得られるよう、もっと努力することを指示した。 ・そこには、トラブルを抱えた外国政

2021.06.07
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「恋人」アメリカを繋ぎ止めたいイスラエル──パレスチナで暴走する意図とは

・アメリカ政府は基本的にイスラエルに甘いが、その行動によって足を引っ張られることもある。 ・そのため、アメリカはしばしばイスラエルにブレー

2021.05.18
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

ミャンマー軍政と対立する少数民族に中国がコロナワクチン接種をする理由

・ミャンマーでは少数民族の支配地域で中国がコロナワクチンの接種を行っている。 ・中国はミャンマー軍事政権の後ろ盾であるが、少数民族はこれと

2021.05.14
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

インド首相はウイルスの「スーパー拡散者」──人災としてのコロナ蔓延

・インドのモディ首相はコロナ第4波が迫るなかで行われた4月の選挙で、選挙活動を自粛した野党と対照的に、堂々と多くの支持者を集めた。 ・その

2021.05.07
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

イスラエルはコロナワクチン接種の「成功例」か──捨てられる人々

・ワクチン接種が遅れがちな日本と対照的に、イスラエルは国民の約60%が接種を受けているとみられ、「成功例」としてしばしば取り上げられる。

2021.05.01
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

支持低下のBLMは何を間違えたか──公民権運動との決定的な違い

・アメリカではBLMへの支持が減っており、とりわけ白人の支持低下が目立つ。 ・白人の間でBLM支持が低下した背景には、暴動などの過激化だけ

2021.04.27
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

欧米のアジア系ヘイトを外交に利用する中国──「人権」をめぐる宣伝戦

・アメリカとの対立を背景に、中国の英字メディアはアメリカの人権問題を盛んに報じている。 ・中国メディアが強調するアメリカの「二枚舌」は、途

2021.04.07
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

日本人がヘイト被害にあうリスク──データにみる他のアジア系との比較

・アメリカでこの1年間に発生した、アジア系に対するヘイトクライムは3795件にのぼった ・被害者の40%以上が中国系で、長期滞在者を含む日

2021.03.23
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

なぜ11歳の男の子は斬首されたか──アフリカ南部に広がる「資源の呪い」

・アフリカ南部のモザンビークでは天然ガスの開発が進むにつれ、海外企業がこれまでになく投資を進めている ・その一方で、この国では従来ほとんど

2021.03.19

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中