ニュース速報

ワールド

トルコ「時期尚早」な利下げでインフレ上昇リスク=フィッチ

2021年10月21日(木)02時36分

格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、トルコが9月に行った利下げによって、同国のインフレ率が年末までにフィッチの予想値17.2%を上回る水準に上昇する可能性があるという見方を示した。2020年1月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[イスタンブール 20日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、トルコが9月に行った利下げによって、同国のインフレ率が年末までにフィッチの予想値17.2%を上回る水準に上昇する可能性があるという見方を示した。21日には再度の金融緩和が予想されている。

トルコ中央銀行が金利を100ベーシスポイント(bp)引き下げ18%としたことは「9月の19.6%という高インフレ率やインフレ期待の悪化、リラ安の影響を考えると、時期尚早だ」とし、「これにより、2021年末のインフレ予想である17.2%を超えるリスクが生じている」と指摘した。

トルコリラが9月から記録的な安値を記録しているにもかかわらず、中銀は21日に再び政策金利を最大100ポイント引き下げると予想されている。通貨安は輸入を通じてインフレ率を上げる。

トルコのエルドアン大統領は、これまで3人の中央銀行総裁を突然更迭し、先週は中銀の3人の金融政策委員を解任した。9月の利下げに反対したとされる2人が含まれる。

フィッチは「中央銀行の独立性の欠如に加え、23年までに実施予定の選挙に向けた不安定な刺激策の可能性により、政策を巡る不確実性は高い。連立政権に対する国民の支持率が低下している中でなおさらだ」とした。

大統領府に近い関係者によると、エルドアン大統領は、融資や輸出、雇用の促進のため、数カ月も前から金融緩和策を要求していたという。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

ワールド

仏大統領選、共和党候補選出ペクレス氏の支持率上昇=

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット 中国「対話と協力

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中