ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射、政府が厳重抗議 落下地点は分析中

2021年10月19日(火)13時13分

岸田文雄首相は19日、記者団に対し、北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したと述べ、先日に続いて連続で発射していることを「大変遺憾に思う」と語った。写真は2014年10月、スイスのジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[東京 19日 ロイター] - 北朝鮮から19日午前、弾道ミサイルの可能性がある飛翔体が発射されたことについて、岸田文雄首相は訪問先の福島市で「北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射した」と述べた上で、先日に続いて連続で発射していることを「大変遺憾に思う」と語った。磯崎仁彦官房副長官は午前の会見で、北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。

19日朝、ミサイル発射の情報を受け、岸田首相は、1)情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速で的確な情報提供を行うこと、2)航空機、船舶などの安全確認を徹底すること、3)不測の事態に備え、万全の態勢をとること──の3点を指示。政府は官邸対策室に各省庁の担当者らをメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集や分析にあたった。

北朝鮮の意図について岸田首相は「予断を控えたい」とした上で、引き続き事態の把握・情報収集に努めていかなければならないと述べた。

磯崎官房副長官は会見で、ミサイルの発射は午前10時15分と16分だったとし、わが国と地域の平和と安全を脅かすもので、厳重に抗議し、強く非難すると語った。

磯崎副長官はまた、現時点でミサイル発射による被害の情報はないとし、ミサイルの落下地点などについては現在分析中だとした。

岸信夫防衛相は、関連する国連決議違反で極めて遺憾だとした上で、「頻繁なミサイル発射の目的がミサイル技術向上にあることは明らかだ」と指摘、国際社会全体にとっての深刻な課題だとの認識を示した。

共同通信は、日米両政府が北朝鮮担当高官による電話協議を実施したと伝えた。また、岸田首相が国家安全保障会議(NSC)を実施する方向で調整している、としている。首相は東北での遊説を取りやめ、東京に戻る。

韓国軍は19日、北朝鮮が弾道ミサイルを東方沖に向けて発射したと発表している。[nL4N2RF0FU]

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米景気回復、債務上限解決なければ台無し─財務長官=

ワールド

オミクロン株、米国で主流になるか予測できず=ファウ

ビジネス

インフレ長引く可能性、コロナで下振れリスク=FRB

ビジネス

訂正:米国株式市場=上昇、オミクロン株巡る懸念が後

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中