ニュース速報

ワールド

北朝鮮、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験実施=KCNA

2021年09月29日(水)14時26分

北朝鮮は、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験を実施した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が29日に伝えた。写真は北朝鮮の国旗。2017年3月、クアラルンプールで撮影(2021年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 29日 ロイター] - 北朝鮮は新たに開発した極超音速ミサイル「火星8」の発射実験を28日に初めて実施した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が29日伝えた。

韓国軍は28日、北朝鮮が東側の海へ向けて1発のミサイルを発射したと発表。北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使がニューヨークの国連総会で演説するさなかの出来事だった。

金大使は演説で、誰も北朝鮮の自衛権や兵器実験を行う権利を否定できないと主張し、米国に敵視政策を放棄するよう呼び掛けた。

KCNAは、極超音速ミサイルを「戦略的兵器」と表現し、この兵器システムの開発は北朝鮮の防衛力を高めると指摘した。

米国との非核化に向けた協議が行き詰る中、北朝鮮は兵器システムの開発を着実に進めている。

KCNAによると、金正恩・朝鮮労働党総書記は実験に立ち会わなかった。今回の発射実験では火星8の飛行の制御性能と安定性を確めた。火星8は切り離された弾頭の誘導機動性と滑空飛行の特性などの技術的基準を満たしたという。

韓国軍合同参謀本部(JCS)は29日、北朝鮮の極超音速ミサイルは、検知速度などのデータで判断すると、開発の初期段階にあり、戦闘に使用可能になるまでには「かなりの時間」を要するとの見解を示した。

極超音速ミサイルは音速の5倍以上のスピードで飛行できるため、従来の防衛システムでは探知や迎撃が難しい。米国、ロシア、中国が開発を行っている。

米国防総省は27日、極超音速ミサイルの飛行実験に成功したと発表した。

韓国航空大学校のミサイル専門家、Chang Young-keun氏は、北朝鮮による極超音速滑空体(HGV)の試射は失敗だった可能性が高いと指摘。韓国軍情報当局が速度をマッハ2.5と分析したとの報道を理由に挙げた。

「北朝鮮のHGV技術は米、ロシア、中国の技術に匹敵するレベルにはなく、現段階では韓国や日本をターゲットにするような短距離を意図しているようだ」と述べた。

米カーネギー国際平和基金の上級研究員、アンキット・パンダ氏によると、火星シリーズのミサイルは、液体推進剤エンジンを使っている。

同氏はツイッターに「2017年11月以降、北朝鮮における液体推進剤ミサイルの最初の実験だ」と投稿した。

また、北朝鮮の国営メディアは、国会に当たる最高人民会議が28日に開かれたと報じた。経済政策や若年層の教育などを議論することが目的という。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 8

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 9

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中