ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げず」=討論会

2021年09月18日(土)18時47分

 9月18日、自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相は、日本記者クラブ主催の公開討論会で、抜本的な年金制改革を今やらないといけないと強調、財源は税金で賄うべきとの考えを示した。代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 18日 ロイター] - 自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は18日、日本記者クラブ主催の公開討論会に出席、河野氏は、抜本的な年金制改革を今やらないといけないと強調し、財源は消費税で賄うべきとの考えを示した。岸田氏はその場合は消費税をどれだけ上げるかの議論が必要とし、自身としては消費税は10年程度は引き上げないとの考えを示した。

河野氏は「構造的に、保険料では最低保障年金が出せないというのは明らかだ」と指摘、「抜本的に年金制度の改革を今やらなければ、若い人たちの将来の年金生活が維持できない」と述べた。

岸田氏は、年金は支える側と支えられる側のバランスを考える必要があるとし、税でやるとした場合に消費税を何%上げるのかしっかり議論しないといけないとの見解を示した。

高市氏は生活保護制度は重要であり、生活が成り立たないときは堂々と福祉で受けられるかたちを作りたいと語った。また、年金制度は運用が行われており、株価が上がることで財源も増えていくと指摘。全て税金となるとどこで線を引くのか難しく、国民負担が増えていくとした。

<経済対策>

経済対策や補正予算について、河野氏は「GⅮPギャップを埋めていく必要がある」と述べるとともに、「規模ありきではない」とし、まずは何をやるべきかを明確にし、国費や民間からの投資分を精査していく必要性を訴えた。その中で、コロナで影響を受けた人々への生活支援、5Gネットワーク、グリーンやデジタル投資などに力を入れる意向を示した。

一方、岸田氏は、消費税について「10年程度は上げることは考えない」と述べるとともに、財政再建の旗は降ろさないとした。コロナとの共存を実現して経済を再び回して成長と分配の好循環を作り上げていかなければならないとし、予算を精査していく意向を述べた。

高市氏は、今回の補正予算は内容を絞り込むべきだとし、医療提供体制や治療薬、事業者や生活困窮者への支援、また災害復旧などを盛り込む意向を示した。規模感は丁寧に積み上げをし、当初予算ですぐに使わないものがあれば、減額補正できるので、それも含めて考え、新たな政策について来年度当初予算に計上すると語った。

野田氏は、コロナが落ち着いた後、「グリーンリカバリー」として洋上風力や水素ステーション、EVステーションなど公共事業として補正予算からしっかり支援するとした。

<使用済み核燃料・対中関係>

核燃料サイクル政策について、河野氏は、使用済み核燃料の「現実的な処分方法をどうするのかテーブルに乗せて議論した方が良い」との考えを示し、国の責任で検討していく必要性を述べた。また、同氏は、中国への対応について、「首脳会談を定期的にやるべき」との見解を示し、中国は「国際秩序の中の一つのプレーヤーとして力を発揮すべき」と伝える必要があるとした。

高市氏は、台湾有事について「可能性は高いと考えて備えをしなければならない」と述べた。日本は国防力の面で限定されているとし、実効的な抑止と対処に必要な能力を保有し、日米同盟で補完する方法が考えられるとした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 8

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 9

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中